2016年10月06日

エレミヤ書115 「負けを選ぶチャンス」を失ったゼデキヤ(エレミヤ書39章1節〜9節、ヨシュア記9章15節〜27節)



 エレミヤ書39章は、エレミヤの預言が実現したことが書かれています。バビロン軍によって二年半包囲されていたエルサレムが崩壊し、火で焼かれ、ゼデキヤ王は、一度は家臣たちと逃げ出すのですが、捕えられてバビロンにつれて行かれるのです。

 ユダの王ゼデキヤの第九年、その第十の月に、バビロンの王ネブカデレザルは、その全軍勢を率いてエルサレムに攻めて来て、これを包囲した。(エレミヤ書39章1節)
 ゼデキヤの第十一年、第四の月の九日に、町は破られた。(2節)
 そのとき、バビロンの王のすべての首長たちがはいって来て、中央の門に座を占めた。すなわち、ネルガル・サル・エツェル、サムガル・ネブ、ラブ・サリスのサル・セキム、ラブ・マグのネルガル・サル・エツェル、およびバビロンの王の首長の残り全員である。(3節)
 ユダの王ゼデキヤとすべての戦士は、彼らを見て逃げ、夜の間に、王の園の道伝いに、二重の城壁の間の門を通って町を出、アラバへの道に出た。(4節)
 しかし、カルデヤの軍勢は彼らのあとを追い、エリコの草原でゼデキヤに追いつき、彼を捕えて、ハマテの地のリブラにいるバビロンの王ネブカデレザルのもとに連れ上った。そこで、王は彼に宣告を下した。(5節)

 この悲惨な結末は、どんな場合も起るうる預言として語られたのではありません。ゼデキヤがバビロンの王に降伏すれば、覆されるはずでした。エレミヤは、38章で、ゼデキヤに次のように告げています。

 「イスラエルの神、万軍の神、主はこう仰せられる。『もし、バビロンの王の首長たちに降伏するなら、あなたのいのちは助かり、この町も火で焼かれず、あなたもあなたの家族も生きのびる。(エレミヤ書38章17節)
 あなたがバビロンの王の首長たちに降伏しないなら、この町はカルデヤ人の手に渡され、彼らはこれを火で焼き、あなたも彼らの手からのがれることができない。(18節)』」

 残念ながらゼデキヤは、エレミヤの預言、つまり神のことばにしたがうことができなかたのです。
その結果は、悲惨なものでした。

★★★★★

 バビロンの王はリブラで、ゼデキヤの子たちをその目の前で虐殺し、またユダのおもだった人たちもみな虐殺し、(6節)
 ゼデキヤの両眼をえぐり出し、彼を青銅の足かせにつないで、バビロンに連れて行った。(7節)
 カルデヤ人は、王宮も民の家も火で焼き、エルサレムの城壁を取りこわした。(8節)
 侍従長ネブザルアダンは、町に残されていた残りの民と、王に降伏した投降者たちと、そのほかの残されていた民を、バビロンへ捕え移した。(9節)

 Coffee Break27 ヨシュア記で、私は「負けを選ぶチャンス」という文章を書いています。カナンに侵入してきたイスラエル軍が連戦連勝する中で、小さな部族ギブオン人は戦うことを諦め、苦心してイスラエル軍に近づき、盟約を結んでもらうことに成功するのです。盟約とはいえ不平等条約で、彼らは最初からイスラエルに投降して「奴隷となる」道を選ぶのです。
 なぜ、そんな卑屈な道を選んだのかと、ヨシュアに聞かれて彼らは答えています。

 「あなたの神、主がそのしもべモーセに、この全土をあなたがたに与え、その地の住民のすべてをあなたがたの前から滅ぼしてしまうようにと、お命じになったことを、このあなたのしもべどもは、はっきり知らされたのです。ですから、あなたがたの前で私たちのいのちが失われるのを、非常に恐れたので、このようなことをしたのです。(24節)
 ご覧ください。私たちは今、あなたの手の中にあります。あなたのお気に召すように、お目にかなうように私たちをお扱いください。」(25節)


 ギブオンが恐れたのは、イスラエルという民族(人間)ではなく、イスラエルに使命を与えてカナンを取らせようとしておられる全能の、力ある神なのです。
 ヨシュア記27、http://joshuacanan.seesaa.net/article/226866538.html?1475667199
 
 彼らは負けが神の御心なら、「負けを選択できた」のです。
 ところが、ゼデキヤやユダの首長たちはそれができませんでした。

 力ある預言者のはっきりした預言があってもできなかったのです。そうして、「負けを選ぶチャンス」を失うのです。






posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする