2016年10月11日

エレミヤ書120 ゲダルヤ暗殺とその後(エレミヤ書41章10節〜18節)



イシュマエルは、ミツパに残っていたすべての民、すなわち王の娘たちと、侍従長ネブザルアダンがアヒカムの子ゲダルヤにゆだねた、ミツパに残っていたすべての民とをとりこにした。ネタヌヤの子イシュマエルは彼らをとりこにして、アモン人のところに渡ろうとして出かけて行った。(エレミヤ書41章10節)

 この物語を映画にしたら、大河ドラマ「真田丸」もびっくりのサスペンス歴史劇になりそうですね。ですが、聖書の「神の救い物語」の中では、目をおおいたくなるような深刻な悪が進行しているのです。

 エレミヤのいのちがけの預言にもかかわらず、ユダ王国は間違いを犯してしまいました。
 ゼデキヤが、神の預言に従ってバビロンに降っていたら、ユダ王国が崩壊するにしても被害は最小でとどまるはずでした。ところがゼデキヤが反抗して、エルサレムで籠城したばかりに、多くのユダヤ人は飢えと剣と疫病で苦しみ、揚句に捕囚になるのです。ゼデキヤ自身、息子たちを目の前で殺され、自分は目をくりぬかれてバビロンに引かれていくのです。
 それでも、バビロンは、アッシリヤのようにほかの場所から異邦人を連れて来て入植させることはありませんでした。ユダヤ人のゲダルヤを総督に任命して、残った人々を治めさせようとしたのです。
 イシュマエルの総督暗殺は、征服者バビロンの政策に謀反を起こしたのと同じことでした。

★★★★★

 カレアハの子ヨハナンと、彼とともにいたすべての将校は、ネタヌヤの子イシュマエルが行なったすべての悪を聞いたので、(11節)
 部下をみな連れて、ネタヌヤの子イシュマエルと戦うために出て行き、ギブオンにある大池のほとりで彼を見つけた。(12節)

 敗戦でバビロンに引かれるのを免れた人の中に、将校たちもいたようです。彼らはゲダルヤの元でユダの秩序回復を願っていたのです。だからこそ、イシュマイルが総督暗殺を謀っているという情報をゲダルヤに伝えたのです。
 ゲダルヤが、たぶん「良い人」すぎたために忠告を聞かず、悲劇は起こりました。それを知ったヨハナンたちは、イシュマエルを追ったのです。

 イシュマエルとともにいたすべての民は、カレアハの子ヨハナンと、彼とともにいるすべての将校を見て喜んだ。(13節)
 イシュマエルがミツパからとりこにして来たすべての民は身を翻して、カレアハの子ヨハナンのもとに帰って行った。(14節)

 イシュマエルにむりやり拉致されようとしていたユダの民は、喜んでヨハナンのもとに帰ってしまいました。情勢が不利と見たイシュマエルは、逃げてアモン人の所へ戻ったのです。

 ネタヌヤの子イシュマエルは、八人の者とともにヨハナンの前をのがれて、アモン人のところへ行った。(15節)

 ★★★★★

 イシュマエルの事件は、ミツバのゲダルヤのもとにいたエレミヤにとって、思いがけない災難でした。
 バビロンが選んだ総督を殺したのがイシュマエルで、ヨハナンたちは、そのイシュマエルを討とうとしたのです。けれども、彼等はバビロン王が、ユダの民にどのような報復をするかと恐れました。
 そこで、エジプトに逃れようという案が出てくるのです。 
 この動きに、エジプト派ではないエレミヤも、巻き込まれてしまうのです。

 カレアハの子ヨハナンと、彼とともにいたすべての将校は、ネタヌヤの子イシュマエルがアヒカムの子ゲダルヤを打ち殺して後、ミツパから、ネタヌヤの子イシュマエルから取り返したすべての残りの民、すなわちギブオンから連れ帰った勇士たち、戦士たち、女たち、子どもたち、および宦官たちを連れて、(16節)
 エジプトに行こうとして、ベツレヘムのかたわらにあるゲルテ・キムハムへ行って、そこにとどまった。(17節)
 それは、バビロンの王がこの国の総督としたアヒカムの子ゲダルヤをネタヌヤの子イシュマエルが打ち殺したので、カルデヤ人を恐れて、彼らから逃げるためであった。(18節)








posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする