2016年10月16日

エレミヤ書125 自分の神を捨てる人々(エレミヤ書44章15章〜25節)



 すると、自分たちの妻がほかの神々に香をたいていることを知っているすべての男たちと、大集団をなしてそばに立っているすべての女たち、すなわち、エジプトの国とパテロスに住むすべての民は、エレミヤに答えて言った。(エレミヤ書44章15節)
 「あなたが主の御名によって私たちに語ったことばに、私たちは従うわけにはいかない。(16節)
 私たちは、私たちの口から出たことばをみな必ず行なって、私たちも、先祖たちも、私たちの王たちも、首長たちも、ユダの町々やエルサレムのちまたで行なっていたように、天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぎたい。私たちはその時、パンに飽き足り、しあわせでわざわいに会わなかったから。(17節)
 私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぐのをやめた時から、私たちは万事に不足し、剣とききんに滅ぼされた。」(18節)
 「私たち女が、天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぐとき、女王にかたどった供えのパン菓子を作り、注ぎのぶどう酒を注いだのは、私たちの夫と相談せずにしたことでしょうか。」(19節)

 エレミヤの警告には、民から驚くべき反応が返ってきました。何と、民は「エレミヤのことがは聞けない!」と言ったのです。
 じつのところ、偶像礼拝に熱心だったのは、夫より妻の方だったらしいのですが、夫が妻の気持ちを代弁するのです。まあ、男の権威の方が上だった社会ですから、夫が代理で答弁するのは仕方がないかもしれません。しかし、口に出した言葉には責任があります。妻の偶像礼拝を認めて来ただけでなく、共に偶像礼拝をしてきたのだと告白しているのと同じです。しかも、その理由が驚きです。

 「天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぎたい。私たちはその時、パンに飽き足り、しあわせでわざわいに会わなかったから。」
 私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぐのをやめた時から、私たちは万事に不足し、剣とききんに滅ぼされた。」(18節)

 ユダの滅亡という不幸は、自分たちが「天の女王にいけにえをささげ、そそぎのぶどう酒を注ぐのを止めた時からだ」と、ヨシヤなどの宗教改革さえ非難しているのです。
 男たちのうしろから、女たちが言いつのります。

 「私たち女が、天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぐとき、女王にかたどった供えのパン菓子を作り、注ぎのぶどう酒を注いだのは、私たちの夫と相談せずにしたことでしょうか。」(19節)

 妻たちが、自分たちは夫唱婦随で、天の女王を礼拝していた。と胸を張るのです。

★★★★★

 そこでエレミヤは、男女のすべての民と、彼に口答えしたすべての民に語って言った。(20節)
 「ユダの町々やエルサレムのちまたで、あなたがたや、あなたがたの先祖や、王たちや、首長たち、それに一般の人々がいけにえをささげたことを主は覚え、心に思い浮かべられたのではないか。(21節)
 主は、あなたがたの悪い行ない、あなたがたが行なったあの忌みきらうべきことのために、もう耐えられず、それであなたがたの国は今日のように、住む者もなく、廃墟となり、恐怖、ののしりとなった。(22節)
 あなたがたがいけにえをささげ、主に罪を犯して、主の御声に聞き従わず、主の律法と定めとあかしに歩まなかったために、あなたがたに、このわざわいが今日のように来たのだ。」(23節)

 もちろん、エレミヤは彼らの間違いを咎めます。偶像礼拝をし、主に罪を犯したことで、その結果多くのわざわいがやってきたのだではないか。
 
 ついで、エレミヤは、すべての民、すべての女に言った。「エジプトの国にいるすべてのユダの人々よ。主のことばを聞け。(24節)
 イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。『あなたがたとあなたがたの妻は、自分たちの口で約束したことをその手で果たせ。あなたがたは、私たちは天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ごうと誓った誓願を、必ず実行すると言っている。では、あなたがたの誓願を確かに果たし、あなたがたの誓願を必ず実行せよ。』(25節)

 さすがに、万軍の主は激怒しておられるのですが、それは「切れる」と言ってもいいような突き放した怒りです。「それほど、天の女王に礼拝したければそうせよ。その請願を必ず実行せよ。」
 私たちのような人間でも意見が対立したときに、「じゃあ、好きなようにするがよい」と言われたら、決裂を意味するのです。家出をする子供に親が、「それほど行きたいなら行け。二度と戻って来るな」というのと同じです。
 それだけではないですね。その結果、どうなるかまで、宣言しておられるのです。






posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする