2016年10月21日

エレミヤ書130 エジプトの敗北の意味するもの2(エレミヤ書46章13節〜25節)



 バビロンの王ネブカデレザルが来て、エジプトの国を打つことについて、主が預言者エレミヤに語られたみことば。(エレミヤ書46章13節)

 バビロンはユダ王国を打っただけではありません。カルケミシュで対決し、敗走させたエジプトをも追討するのです。そもそもエジプトがバビロンを戦うために出て来たのは、アッシリヤを援護するためです。エジプト軍も強大な軍勢だったのですが、カルケミシュで奇襲をしかけてきたバビロンに驚いて、背中を見せて逃げるのです。
 バビロンはエジプトを追撃して滅亡させるつもりです。ところが、エジプトに戻ったエジプト王は、対決する勇気を失っていました。
 歌のように語られるこの預言は、そのときのエジプト軍の様子を描写しています。

  エジプトで告げ、ミグドルで聞かせ、
  ノフとタフパヌヘスで聞かせて言え。
  「立ち上がって備えをせよ。
  剣があなたの回りを食い尽くしたからだ。(14節)
  なぜ、あなたの雄牛は押し流されたのか。
  立たなかったのか。
  主が彼を追い払われたからだ。(15節)

 ノフやタフパネスは、エジプト北部、シナイとの国境に近い町です。敵が迫っているのだから、これらの町は備えをしなければなりません。

  多くの者がつまずき、倒れた。
  彼らは互いに言った。
  『さあ、私たちの民のところ、
  生まれ故郷に帰ろう。
  あのしいたげる者の剣を避けて。』(16節)
  彼らは、そこで叫んだ。
  エジプトの王パロは、時期を逸して騒ぐ者。(17節)

 この神の裁定に対して、パロは抗議しているのです。しかし、神に逆らうことは、エジプト王であっても無意味です。

  わたしは生きている。
  ――その名を万軍の主という王の御告げ――
  彼は山々の中のタボルのように、
  海のほとりのカルメルのように、必ず来る。(18節)
  エジプトに住む娘よ。捕虜になる身支度をせよ。
  ノフは荒れ果て、廃墟となって住む人もなくなるから だ。(19節)

★★★★★

  エジプトはかわいい雌の子牛。
  北からあぶが襲って来る。(20節)
  その中にいた傭兵も、
  肥えた子牛のようだった。
  彼らもまた、背を向けて共に逃げ、
  立ち止まろうともしなかった。
  彼らの滅びの日、刑罰の時が、
  彼らの上に来たからだ。(21節)

 すでに神が勝敗を決めておられる力関係の中では、強大なエジプトでさえ、「雌の小牛」に譬えられる弱い存在です。あぶ(バビロン軍)に襲われて泣きわめくのです。
 傭兵は、武力をウリにする職業軍人ですが、「神の時」の前では彼らも力を失って逃げまどうのです。
 対するバビロン軍は、斧をもって森を伐り倒す数えきれないほどのきこりに譬えられています。

  彼女の声は蛇のように消え去る。
  彼らは軍勢を率いて来る。
  きこりのように、斧を持ってはいって来る。(22節)
  彼らはその森を切り倒す。――主の御告げ――
  それは測り知られず、
  いなごより多くて数えることができないからだ。(23節)
  娘エジプトは、はずかしめられ、
  北の民の手に渡された。」(24節)

 イスラエルの神、万軍の主は、仰せられる。「見よ。わたしは、ノのアモンと、パロとエジプト、その神々と王たち、パロと彼に拠り頼む者たちとを罰する。(25節)

 主が、エジプトへのさばきをわざわざ預言者の口に置かれたのは、「パロと彼により頼む者たちが罰せられる」と警告されるためだったのでしょう。総督ゲダルヤの死のあと、民がエジプトに下ろうとしているのを、神は、一貫して警告しておられるのです。








posted by さとうまさこ at 09:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする