2016年11月11日

Coffee Breakエレミヤ書150  エルサレムの壊滅(エレミヤ52章1節〜14節)



 エレミヤ書もいよいよ最終章にやってきました。52章は、冒頭からわかる通り、過去の文書(U列王記24章18章〜25章30節、U歴代誌36章18節〜)の引き写しです。これは、エレミヤの預言ではなく、のちに加えられた文書です。(新実用聖書注解・いのちのことば社) エレミヤの預言が実現したことを念押しするために、附け加えられたのだろうと推測されています。

 ゼデキヤは二十一歳で王となり、エルサレムで十一年間、王であった。彼の母の名はハムタルといい、リブナの出のエレミヤの娘であった。(エレミヤ書52章1節)
 彼は、すべてエホヤキムがしたように、主の目の前に悪を行なった。(2節)
 エルサレムとユダにこのようなことが起こったのは、主の怒りによるもので、ついに主は彼らを御前から投げ捨てられたのである。そののち、ゼデキヤはバビロンの王に反逆した。(3節)
 ゼデキヤの治世の第九年、第十の月の十日に、バビロンの王ネブカデレザルは、その全軍勢を率いてエルサレムを攻めに来て、これに対して陣を敷き、周囲に塁を築いた。(4節)
 こうして町はゼデキヤ王の第十一年まで包囲されていたが、(5節)
 第四の月の九日、町の中では、ききんがひどくなり、民衆に食物がなくなった。(6節)
 そのとき、町が破られ、戦士たちはみな逃げて、夜のうちに、王の園のほとりにある二重の城壁の間の門の道から町を出た。カルデヤ人が町を包囲していたので、彼らはアラバへの道を行った。(7節)
 カルデヤの軍勢が王のあとを追い、エリコの草原でゼデキヤに追いついたとき、王の軍隊はみな王から離れて散ってしまった。(8節)
 そこでカルデヤ人は王を捕え、ハマテの地のリブラにいるバビロンの王のところへ彼を連れ上った。バビロンの王は彼に宣告を下した。(9節)

★★★★★

 エルサレムの陥落、第三回バビロン捕囚のこの箇所は、二度三度読むには「きつい」ところです。何といっても神の都エルサレムが破壊されるのです。神がお立てになったダビデの家とその王座が滅ぼされるのです。多くの神の民が遠い国バビロンに強制連行させられるのです。そこの至る過程は、籠城の果ての落城です。巨大な軍隊に囲まれて、二年にも及ぶ籠城をしたエルサレムも、ついに食料がなくなって逃げ出す者が現れるのです。王でさえそうしたのです。
 王が、自分の軍隊とともに逃亡している途中、バビロンに追いつかれるとき家来たちは逃げてしまったのです。イスラエル側があまりに厳しい戦いの中で疲れ果てていたのが見て取れます。
 ここまでだけでも、多くの悲劇的な物語が展開されていたことでしょう。

 バビロンの王は、ゼデキヤの子らを彼の目の前で虐殺し、ユダのすべての首長たちをリブラで虐殺した。(10節)
 またゼデキヤの両眼をえぐり出し、彼を青銅の足かせにつないだ。バビロンの王は、彼をバビロンへ連れて行き、彼を死ぬ日まで獄屋に入れておいた。(11節)

 ゼデキヤがこれほど厳しい処罰を受けたのは、彼がバビロンによって立てられていた傀儡の王だったからです。ゼデキヤは、自分の立場を「知っていた」はずですが、王宮の長として、さまざまな立場の者の意見にも、ゆすぶられたようです。
 エレミヤの預言が、バビロンに素直に服従するようにというものだったのに、宮廷にはエジプトを頼って活路を開きたいと思う者たちがたくさんいたのです。

 ゼデキヤの過ちは、たんにバビロンを怒らせたこと以上に、エレミヤを用いて下された神のことばを聞かなかったことだったのです。
 王も民もいなくなったエルサレムが敵によって荒らされます。略奪され、神殿が破壊され、火をかけられます。

 第五の月の十日・・それは、バビロンの王ネブカデレザル王の第十九年であった。・・バビロンの王に仕えていた侍従長ネブザルアダンがエルサレムに来て、(12節)
 主の宮と王宮とエルサレムのすべての家を焼き、そのおもだった建物をことごとく火で焼いた。(13節)
 侍従長といっしょにいたカルデヤの全軍勢は、エルサレムの回りの城壁を全部取りこわした。(14節)

 そして、とうとう、エルサレムを囲む城壁が取り壊されます。








posted by さとうまさこ at 11:02| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする