2016年11月17日

Coffee Breakエレミヤ書155  深い悲嘆――主が見放された!(哀歌1章8節〜17節)



  エルサレムは罪に罪を重ねて、
  汚らわしいものとなった。
  彼女を尊んだ者たちもみな、
  その裸を見て、これを卑しめる。
  彼女もうめいてたじろいだ。(哀歌1章8節)
  彼女の汚れはすそにまでついている。
  彼女は自分の末路を思わなかった。
  それで、驚くほど落ちぶれて
  だれも慰める者がない。
  「主よ。私の悩みを顧みてください。
  敵は勝ち誇っています。」(9節)

  仇が彼女の宝としているものすべてに
  手を伸ばしました。
  異邦の民が、その聖所にはいったのを
  彼女は見ました。
  あなたの集団に加わってはならないと、
  あなたがかつて命じられたものが。(10節)
  彼女の民はみなうめき、食べ物を捜しています。
  気力を取り戻そうとして、
  自分の宝としているものを食物に代えています。
  「主よ。私が、卑しい女になり果てたのを
  よく見てください。」(11節)

★★★★★

 英語訳聖書では、哀歌はLamentationsと訳されています。(MEV, NAS, NIV, TEV訳聖書)
日本語の意味は「悲嘆・哀悼」「悲嘆の声」です。

 喜怒哀楽というくらいで、感情はつねにゆれ動きますが、怒りや哀しみは、出来れば避けて通りたい感情です。 というより、怒りや哀しみがわき上がるような状況に遭いたくないのです。喜びにみたされ、楽しくやっていけたらと、願わない人はいません。

 でも、それは無理な注文というものですね。人は最後まで繁栄を喜んで、笑いに満たされて過ごすことはできない存在です。その始まりに、死が入ってしまった命を抱えて、相争って、顔に汗を流して働いて「食物を得る」者として、この世を生きていくように宿命づけられたのです。
 そこから逃れる方法はただ一つです。いつか、御許に連れ戻して下さるという神の声を、それがどれほどか細くても、神の声を聞きながら、希望をもって歩むことだと、聖書は教えています。

 イスラエル民族は、神から声を掛けていただけた「選びの民」でした。罪の世を生きる全人類の中で、もっとも希望に近い場所にいたのです。
 それなのに、悲嘆の歌を歌わなければならなくなったのです。
 「選びの民」の誇り・エルサレムが凌辱されたからです。それも、神を知らない「異邦人」たちの手によるのです。
 壮麗な神の都を辱しめた異邦人たちは、とうぜん勝ち誇っています。
 人々は、どうして、こんなことになったのかと、問うのです。
 
  道行くみなの人よ。よく見よ。
  主が燃える怒りの日に私を悩まし、
  私をひどいめに会わされた
  このような痛みがほかにあるかどうかを。(12節)
  主は高い所から火を送り、
  私の骨の中にまで送り込まれた。
  私の足もとに網を張り、
  私をうしろにのけぞらせ、
  私を荒れすさんだ女、
  終日、病んでいる女とされた。(13節)
  私のそむきの罪のくびきは重く、
  主の御手で、私の首に結びつけられた。
  主は、私の力をくじき、
  私を、彼らの手にゆだね、
  もう立ち上がれないようにされた。(14節)
  主は、私のうちにいたつわものをみな追い払い、
  一つの群れを呼び集めて、
  私を攻め、
  私の若い男たちを滅ぼされた。
  主は、酒ぶねを踏むように、
  おとめユダの娘を踏みつぶされた。(15節)

 恐ろしい悲惨がつぎつぎと歌われています。このような目に遭えば、この詩人(エレミヤ)でなくても、涙を流すでしょう。平和な時なら、たった一人の小さなケガでも病でも深刻な事件です。家に空き巣が入っただけでも大きなダメージです。しかし、国そのものが崩壊してしまっては、小さな平和などたちまち踏みつぶされてしまうのです。
 王も兵士もいなくなっては、防御も抵抗もできません。

 ★★★★★

 なにが悲しいと言って、その惨状を行なっているのは「敵=異邦人」ではないことです。敵に侵入を許された[主]ご自身なのです。
 これまでは、どんな時でも自分たちを守ってくださると信じていたヤーウエ、・アブラハム、イサク、ヤコブの神ご自身が、ご自分の民を見放されたのです。

  このことで、私は泣いている。
  私の目、この目から涙があふれる。
  私を元気づけて慰めてくれる者が、
  私から遠ざかったからだ。
  敵に打ち負かされて、
  私の子らは荒れすさんでいる。(16節)
  シオンが手を差し出しても、
  これを慰める者はない。
  主は仇に命じて、
  四方からヤコブを攻めさせた。
  エルサレムは彼らの間で、
  汚らわしいものとなった。(17節)







posted by さとうまさこ at 10:47| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする