2016年11月22日

Coffee Breakエレミヤ書・哀歌160  私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。(哀歌3章34節〜66節)



 今ある苦難は、すべて「主の激しい怒りのむち」(3章1節)だと、詩人は叫びます。主が「私の肉と皮をすり減らし、骨を砕き、苦みと苦難で私を取り囲んだ」(4節)のです。
 そう認識しつつ、なんとかそれでも、その厳しい主の御手にすがるしかないのが「神の民」です。いえ、神を信じる者すべての最後のよりどころです。およそ、親に向かって、その罰に対し「泣き叫ばない」子供はいないでしょう。「泣き叫ぶ」のは、相手が親だからです。迷い子になって泣いている子供も、通りすがりの人に叫んでいるのではなく、親を呼び求めているのです。

 聖書が、神を親になぞらえているのは、とても本質をついていると思います。だから、親が、神のようだというわけではありません。むしろ、神が、親という存在に自覚を促しておられるといえるでしょうが。

★★★★★

  地上のすべての捕われ人を足の下に踏みにじり、(哀歌3章34節)
  人の権利を、いと高き方の前で曲げ、(35節)
  人がそのさばきをゆがめることを、
  主は見ておられないだろうか。(36節)
  主が命じたのでなければ、
  だれがこのようなことを語り、
  このようなことを起こしえようか。(37節)
  わざわいも幸いも、
  いと高き方の御口から出るのではないか。(38節)
  生きている人間は、なぜつぶやくのか。
  自分自身の罪のためにか。(39節)

 同様に、恐ろしい「腕力」で自分たちを圧迫する敵は、主の怒りに譬えられているとはいえ、人が人を抑圧する抑圧者の傲慢を、抑圧者自身が合理化する理由はないのです。
 主は、当然、剣を振るう者を罰して下さるはずなのです。

 そのために必要なのは、悔い改めです。詩人は、民に呼びかけます。

  私たちの道を尋ね調べて、
  主のみもとに立ち返ろう。(40節)
  私たちの手をも心をも
  天におられる神に向けて上げよう。(41節)

★★★★★

 悔い改めの中でも、つぶやきのような訴えが出てきます。

  「私たちはそむいて逆らいました。
  あなたは私たちを赦してくださいませんでした。(42節)
  あなたは、御怒りを身にまとい、
  私たちを追い、容赦なく殺されました。(43節)
  あなたは雲を身にまとい、
  私たちの祈りをさえぎり、(44節)
  私たちを国々の民の間で、
  あくたとし、いとわれる者とされました。」(45節)

 それでも、訴えのトーンは変わって来ています。
 
  私たちの敵はみな、
  私たちに向かって口を大きく開き、(46節)
  恐れと穴、荒廃と破滅が私たちのものになった。(47節)
  私の民の娘の破滅のために、
  私の目から涙が川のように流れ、(48節)
  私の目は絶えず涙を流して、やむことなく、(49節)
  主が天から見おろして、
  顧みてくださる時まで続く。(50節)
  私の目は私の町のすべての娘を見て、
  この心を苦しめる。(51節)
  わけもないのに、私の敵となった者たちは、
  鳥をねらうように、私をつけねらった。(52節)
  彼らは私を穴に入れて殺そうとし、
  私の上に石を投げつけた。(53節)
  水は私の頭の上にあふれ、
  私は「もう絶望だ。」と言った。(54節)

 もはや、みじめな状況を訴えるのが目的ではありません。

  「主よ。私は深い穴から御名を呼びました。(55節)
  あなたは私の声を聞かれました。
  救いを求める私の叫びに
  耳を閉じないでください。(56節)

 叫び求めている声を聞いてほしいと嘆願しているのです。
 そして、事実、主からの応答があったのです。

  私があなたに呼ばわるとき、
  あなたは近づいて、
  『恐れるな。』と仰せられました。(57節)
  主よ。あなたは、
  私のたましいの訴えを弁護して、
  私のいのちを贖ってくださいました。(58節)
  主よ。あなたは、
  私がしいたげられるのをご覧になりました。
  どうか、私の訴えを正しくさばいてください。(59節)

「恐れるな」と主が仰せになったのです。主のことばに、私たちがどれほど励まされるかは、私たちだれもが経験しています。「恐れるな」という呼びかけは、現状に雄々しく立ち向かえと言っているのと同じかもしれません。神様は、人が新しい道に行くとき、迷いやたじろぎに直面する時、「恐れるな」ということばがかならず語りかけられています。
 まさに、神様の励ましがこもったこの力強い一言で、詩人は力を受けたに違いありません。

★★★★★

  あなたは、私に対する彼らの復讐と、
  たくらみとをことごとくご覧になりました。(60節)
  主よ。あなたは、
  私に対する彼らのそしりと
  すべてのたくらみとを聞かれました。(61節)
  私の敵のくちびると彼らのつぶやきが、
  一日中、私に向けられています。(62節)

 詩人の訴えは続ますが、もはや、ただ、「泣き叫んでいる」のではありません。具体的な願いを神に提出しています。
それは、抑圧者への「復讐」です。

  彼らの起き伏しに目を留めてください。
  私は彼らのからかいの歌となっています。(63節)
  主よ。彼らの手のわざに応じて、彼らに報復し、(64節)
  横着な心を彼らに与え、
  彼らに、あなたののろいを下してください。(65節)
  主よ。御怒りをもって彼らを追い、
  天の下から彼らを根絶やしにしてください。」(66節)






posted by さとうまさこ at 10:53| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする