2017年01月16日

エゼキエル書46 アブラハムに「生きよ」と声を掛けて下さった主(エゼキエル書16章1節〜6節)




 ついで、私に次のような主のことばがあった。(エゼキエル書16章1節)
 「人の子よ。エルサレムにその忌みきらうべきわざをよく知らせて、(2節)

 神は、エゼキエルに、捕囚のユダヤ人に、イスラエル民族の始まりから告げるよう語られます。この章はとても長いのです。この諭は、ある意味古典的な態度です。日本でも、もしある青年が悪に染まって親族や警察のやっかいになるようなことがあれば、言ったのです。「お前のしたことは、こんなに悪いことだ。おまえは、自分がどれほどの親や周囲の大人の恩を受けて育ったか考えてみろ」
 親と神さまでは、もちろん、比較するのもはばかられるのですが、そもそも裸の赤子状態であったところから、彼の命の歴史を話すのは、とても適切です。

 言え。神である主はエルサレムについてこう仰せられる。あなたの起こりと、あなたの生まれはカナン人の地である。あなたの父はエモリ人、あなたの母はヘテ人であった。(3節)

 神の大きな怒りを買ったイスラエル民族に対して、ここでは、彼らの始祖アブラハムから話を始めています。
 アブラハムは、神の召しを受けて、ハランからカナンに出て来たのですが、それは生まれ落ちたばかりの赤ん坊と同じだったというのです。

 あなたの生まれは、あなたが生まれた日に、へその緒を切る者もなく、水で洗ってきよめる者もなく、塩でこする者もなく、布で包んでくれる者もいなかった。(4節)
 だれもあなたを惜しまず、これらの事の一つでもあなたにしてやって、あなたにあわれみをかけようともしなかった。あなたの生まれた日に、あなたはきらわれて、野原に捨てられた。(5節)

 これは、あるいは、創世記12章以前、11章との間に、聖書にはあえて書かれていないアブラハムの来歴を語っているのかもしれないと、思わず、深読みしてしまいます。
 アブラハムがハランから出て来たとき、じつは、ハランでは彼の居場所がなくなるようないさかいでもあったのかもしれません。
 父の家を離れたアブラハムは、捨てられた赤ん坊同然だったのを、主が声をお掛けになったのかもしれません。その時、アブラハムがいかに弱々しく、みじめな状態だったかをたとえているような気がします。イスラエルの始まりは、このような瀕死の状態だったと、主はあらためて告げておられるのではないでしょうか。

★★★★★

 わたしがあなたのそばを通りかかったとき、あなたが自分の血の中でもがいているのを見て、血に染まっているあなたに、『生きよ。』と言い、血に染まっているあなたに、くり返して、『生きよ。』と言った。(6節)

 そう。「生きよ」と仰せになったのです。神様はあわれみ深い方で、捨てられて者を拾い上げて下さる方なのですから、行き先に迷っている一人の遊牧民に、声を掛けて行き先を示されたと仮定するのはどうでしょう。

 アブラハムは、ただ、その神の声を聞いて素直に、カナンにやって来たのに違いありません。そこは、先住民、カナン人やヘテ人がいたのですが、彼は、祭壇を築きました。(創世記12章4節〜7節)









posted by さとうまさこ at 10:49| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

エゼキエル書47 神が契りを結んでくださった日(エゼキエル書16章7節〜14節)




 わたしはあなたを野原の新芽のように育て上げた。あなたは成長して、大きくなり、十分に円熟して、乳房はふくらみ、髪も伸びた。しかし、あなたはまる裸であった。(エゼキエル書16章7節)

 この章全体が、神によって拾い上げられ、養われていくイスラエル民族の歴史を語っています。一人の遊牧民に過ぎなかったアブラハムの子孫が、「空の星のように増える」という約束は、やがて実現するのです。ヤコブの一族70人でエジプトに移り住んで400年、彼らは、60万人の民となってエジプトを脱出しました。
 大きくなり、充分円熟して、乳房はふくらみ、髪が伸びた美しい乙女になったのです。ただ、彼女は、まだ、裸でした。つまりは、保護者のいない独り身の乙女だったのです。

★★★★★

 わたしがあなたのそばを通りかかってあなたを見ると、ちょうど、あなたの年ごろは恋をする時期になっていた。わたしは衣のすそをあなたの上に広げ、あなたの裸をおおい、わたしはあなたに誓って、あなたと契りを結んだ。――神であせる主の御告げ――そして、あなたはわたしのものとなった。(8節)

 神様とイスラエルとの関係は、しばしば結婚に譬えられています。しっかりした後ろ盾になれる男の保護を必要とする美しい乙女の結婚です。

 結婚関係が、契約であり、その契約は、たんに書類上または言葉の上ではなく、じっさいに「契り」を結ぶことで始まるのはだれでもわかっています。契りは、人間なら性的関係――一番奥深いところまで許しあう関係です。
 性的関係は本来、互いに互いを「所有した」と言える「きずな」です。
 神様は、ですから、イスラエルに民に「わたしのものになった」と仰せです。
 これは、じっさいには、シナイ契約のことです。

 それでわたしはあなたを水で洗い、あなたの血を洗い落とし、あなたに油を塗った。(9節)
 わたしはまた、あや織りの着物をあなたに着せ、じゅごんの皮のはきものをはかせ、亜麻布をかぶらせ、絹の着物を着せた。(10節)
 それから、わたしは飾り物であなたを飾り、腕には腕輪をはめ、首には首飾りをかけ、(11節) 
 鼻には鼻輪、両耳には耳輪をつけ、頭には輝かしい冠をかぶせた。(12節)

 契約関係に入ってからの、神・主が、イスラエルのためにして下さったことはとても数えきれません。マナやウズラ、砂漠の岩から流れ出る水――本来、自然現象ではあり得ない「めぐみ」を、神様はイスラエル民族には、「特例として」お与えになったのです。
 モーセには、逐一、顔を合わせられて必要な「指示」をお与えになり、モーセに従えない民は必要に応じて「取り除いて」くださいました。

 なんと、異教の占い師バラムにさえ働いて、モアブがイスラエルを呪うのを中止させられたのです。
 ヨルダン川を堰き止め、カナンにいた王たちをことごとく敗北させられました。およそ、神・主の後押し失くして、イスラエルは、カナンに進攻、定住することなど不可能でした。

 やがてイスラエルは周辺にその名を知られ、恐れられるダビデの王国を築くのです。

 こうして、あなたは金や銀で飾られ、あなたは亜麻布や絹やあや織り物を着て、上等の小麦粉や蜜や油を食べた。こうして、あなたは非常に美しくなり、栄えて、女王の位についた。(13節)
 その美しさのために、あなたの名は諸国の民の間に広まった。それは、わたしがあなたにまとわせたわたしの飾り物が完全であったからだ。――神である主の御告げ――(14節)








posted by さとうまさこ at 09:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

エゼキエル書48 姦淫と不倫(エゼキエル書16章15節〜21節)



 ところが、あなたは、自分の美しさに拠り頼み、自分の名声を利用して姦淫を行ない、通りかかる人があれば、だれにでも身を任せて姦淫をした。(エゼキエル書16章15節)

 イスラエルと神との関係は、結婚契約に譬えられているため、聖書には、思いのほか多くの、男女関係のたとえが出てきます。それらは、たとえというより、男女関係のみだらさ、あからさまのほのめかしと言えるほどです。これは、新約聖書のイエス様の血の贖い、つまり、「神の聖」に触れて入信した、キリスト者を戸惑わせるのではないでしょうか。
 しかし、神が、イスラエルの民とご自分の関係を結婚に象徴させられたのは、それが、当時、神のことばを人に語りかけるのに、一番わかりやすい解き明かしだったとも言えます。

 聖書が与えられた当時のイスラエルの民は、今日のような学問用語、勉学や議論のために抽象的なことばを使う習慣もなかったでしょう。旧約聖書自体が、ですから、たとえ話の集大成と言ってもよいほどではないでしょうか。
 そして、結婚を一番破壊する要素は、「姦淫」だったわけです。
 今では、まるで、「不倫」を美しいドラマのように煽る風潮もあるのですが、じっさいは、親密な関係を壊さない不倫などないはずです。

★★★★★

 あなたはまた、自分の衣服のいくらかを取り出して、自分のために、まだらに色どった高き所を造り、その上で姦淫を行なった。こんな事はあったことがなく、あってはならないことだ。(16節)
 あなたは、わたしが与えた金や銀の美しい品々を取って、自分のために男の像を造り、それと姦淫を行なった。(17節)

 今日、不倫がさほど罪だと思われない理由の一つに、女性の経済的自立があるかもしれません。聖書が語られた時代は、女性はほとんど夫に養われていたわけですから、夫が与えた者を、ほかの男との姦淫のために使うのは、たしかに、それだけでも、非難されるべきことです。

 あなたはまた、あや織りの着物を取って、それをおおい、わたしの油と、わたしの香とをその前にささげた。(18節)
 あなたは、わたしが与えたわたしのパンや、あなたに食べさせた上等の小麦粉や、油や、蜜までも、その前にささげてなだめのかおりとした。そうしたのだ。――神である主の御告げ――(19節)

 夫から与えられた住まい、着物、食べ物を、姦淫に使うことに、怒らない夫がいるでしょうか。
さらに、神は、「最悪の背信」を上げられます

 あなたはまた、わたしのために産んだ自分の息子や娘たちを取り、その像にいけにえとしてささげて食べさせた。あなたの姦淫はささいなことだろうか。(20節)
 あなたは、わたしの子どもたちを殺し、これを焼いて、ささげ物とした。(21節)

 これは、じっさいに、モレクやアシュタロテなどの偶像礼拝の儀式に、子供をいけにえとしてささげたことを上げているそうです。
 いまとなっては信じがたいことですが、子供に人権などなかった時代です。
 とはいえ、もちろん、ここで、主・神が仰せになっているのは、神との関係で生みだした多くの「子――いのち」を平気で、異教の祭壇で焼くような行為だったと言えるのではないでしょうか。







posted by さとうまさこ at 09:58| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

エゼキエル書49 姦通する者のみにくさ(エゼキエル書16章22節〜34節)



 あなたは、あらゆる忌みきらうべきことや姦淫をしているとき、かつて自分がまる裸のまま、血の中でもがいていた若かった時のことを思い出さなかった。(エゼキエル書16章22節)
 あなたはこのすべての悪行の後――ああ。わざわいがあなたに来る。神である主の御告げ――(23節)
 あなたは自分のために小高い家を建て、どこの広場にも高台を造り、(24節)
 どこの辻にも高台を築き、通りかかるすべての人に身を任せ、姦淫を重ねて自分の美しさを忌みきらうべきものとした。 (25節)

 神の「神の民」への怒りは、この歯に衣着せぬ譬えによる、イスラエルへの非難に現れています。
 近い関係は、ひとたびうまくいかなくなると、あからさまな非難になります。「丸裸のまま血の中でもがいていた赤ん坊」などといわれるのです。
 その哀れな状態から拾い上げて下さった神に、私たちが真実に向き合えないのも、じつは、神がこのように「裸の私たち」をご存知だからかもしれないと思うほどです。

 私たち人間には、本源的に「恥ずかしいところ」「隠しどころが」あります。夫婦とはその一番の隠しどころを「さらしあう」関係なのです。
 神様が私たちの「隠しどころを」ご存知であるレベルは、人間同士の夫と妻の関係をはるかに超えています。
 神様は、じつに、私たちの「髪の毛の数まで数えておられる方」だからです。心の中の小さな悪も神様の目の前では隠しおおすことはできません。
 
 ★★★★★
 
 行いももちろん、神の御前に隠しおおせるわけではありません。

 あなたは、良いからだをした隣のエジプト人と姦通し、ますます姦淫を重ねてわたしの怒りを引き起こした。(26節)
 見よ。わたしは、あなたに手を伸ばして、あなたの食糧を減らした。そして、あなたを憎む者、あなたのみだらな行ないによってはずかしめを受けたペリシテ人の娘たちの思いのままに、あなたを任せた。(27節)
 あなたはそれでもまだ飽き足らず、アッシリヤ人と姦通した。彼らと姦通しても、まだあなたは飽き足らず、(28節)
 商業の地カルデヤとますます姦淫を重ねたが、それでも、あなたは飽き足らなかった。(29節)

 主は、エゼキエルに、このように罪状をあばかれて、それを民に伝えよと仰せなのです。

 なんとあなたの心は、あえいでいることよ。――神である主の御告げ――あつかましい遊女のするようなこれらのことをことごとく行なって。(30節)
 あなたは、どこの辻にも自分の小高い家を建て、どこの広場にも高台を造った。しかし、あなたは報酬をあざけったので、遊女のようではなかった。(31節)
 姦婦は、自分の夫の代わりに、ほかの男と通じるものだ。(32節)
 遊女には、すべて代価が支払われるのに、あなたは、自分のほうから持参金をすべての愛人たちに与え、彼らに贈り物をして、四方からあなたのところに来させて姦淫をした。(33節)
 だから、あなたの姦淫は、ほかの女の場合と反対だ。だれもあなたを求めて姦淫をする者はいなかった。あなたが報酬を支払い、だれもあなたに報酬を支払わなかった。だからあなたは反対のことをしたのだ。(34節)

 「どうかそれ以上言わないでください」と耳をふさぎたくなるような言葉が続きます。
 姦淫するにしても、男から誘われたのではなく、報酬を払って男を誘ったというのです。イスラエルという花嫁がどれほど値打ちを落としているかが、指摘されているのです。










posted by さとうまさこ at 11:34| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

エゼキエル書50 姦通に対する報復(エゼキエル書16章35節〜40節)




 それゆえ、遊女よ、主のことばを聞け。(エゼキエル書16章35節)
 神である主はこう仰せられる。あなたは、愛人たちや、忌みきらうべき偶像と姦淫をして、自分の恥ずかしい所を見せ、自分の裸をあらわにし、それらに自分の子をささげて血を流したため、(36節)
 それゆえ、見よ、わたしは今、あなたが戯れたすべての愛人たちや、あなたが恋した者や、憎んだ者をすべて寄せ集め、彼らを四方から集めて、あなたの裸を彼らにさらけ出し、彼らにあなたの裸をすっかり見せよう。(37節)

 姦淫した女に対する夫の怒りの深さを、神はこのような譬えで仰せなのです。不義の相手全員を一堂に会させ、今一度、女を裸にして、多くの男の前に晒そう。
 たとえ、娼婦であっても、男との関係は、ふつう一対一です。彼女は、売春する女として多くの相手がいるのは、「公然の秘密」ですが、やはり「秘密」なのです。

 いったい、顧客(不義の相手)を一つ所(その娼婦のまわり)に集めて、それを「公開」するなどということがあり得るでしょうか。今どきの世情では、不倫を隠しもしない、ゴシップもまた勲章であるかのような露出がありますが、そのほとんどが出来芝居の「売名行為」です。
 部分的に、不倫の過去を明るみに出すのはそれさえ「売り物」にする娼婦がいるということですが、もし、神がご存知のように、すべて「光りの中」に出されたら、その結果に縮み上がらない者などいるでしょうか。

★★★★★

 わたしは、姦通した女と殺人をした女に下す罰であなたをさばき、ねたみと憤りの血をあなたに注ぐ。(38節)

 十戒の7番目の戒めは、「姦淫してはならない」です。(出エジプト記20章14節) 
 神は最初から、姦淫を禁じておられるのです。男の女の深い関係を、ご自分と「神の民」との関係になぞらえておられる神は、それゆえ、姦淫する女に「ねたみの血」を注ぐと仰せなのです。
 そうして、女がかつて不義を犯したすべての相手を呼び集め、その男たちの手で、女に罰を下されるのです。

 わたしは、あなたを彼らの手にゆだねる。彼らはあなたの小高い家をくつがえし、高台をこわし、あなたの着物をはぎ取り、あなたの美しい品々を奪い取り、あなたをまる裸にしておこう。(39節)
 彼らは、集団をあおってあなたを襲わせ、石であなたを打ち殺し、剣であなたを切り倒そう。(40節)

 これは、じっさいには、イスラエルが周辺国から攻められ凌辱されていったことを表わしています。王国の歴史を通じて、イスラエルは、モアブやエドム、アラム、アッシリヤ、バビロニヤなど次々と外国に攻められ、やがて「剣で打ち倒されてしまった」事実を、語っています。








posted by さとうまさこ at 10:50| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする