2017年01月01日

エゼキエル書31 残りの者とはだれか(エゼキエル書11章13節〜17節)



  あけましておめでとうございます。  
    いつも訪問して下さって、ありがとうございます。
    神様と皆様に導かれて、なんとか聖書通読も7年目に入ることができます。

    これからもよろしくお願い申し上げます。
                            2017年元旦 さとうまさこ





 こうして、私が預言しているとき、ベナヤの子ペラテヤが死んだ。そこで、私はひれ伏し、大声で叫んで言った。「ああ、神、主よ。あなたはイスラエルの残りの者たちを、ことごとく滅ぼされるのでしょうか。」(エゼキエル書11章13節)

 ベレテヤは、エルサレムに残されていた指導者の一人です。ここでは彼の死因が問題なのではなく、「エルサレムは鍋で、民は肉だ」とうそぶいた人々に、主が宣告していたさばき(11章10節)が実現したと見るべきでしょう。
 しかし、エゼキエルにとっては、それは最悪の事態に見えました。彼にとっては、どんな形でもエルサレムとそこに残っている人々が、イスラエルの存在の証しだったからです。

★★★★★

 そのとき、私に次のような主のことばがあった。(14節)
 「人の子よ。あなたの兄弟、あなたの同胞、あなたの身近な親類の者たち、またイスラエルの全家のすべての者に対して、エルサレムの住民は、『主から遠く離れよ。この地は私たちの所有として与えられているのだ。』と言った。(15節)

 主は、エルサレムの残っている人たちの実態を、エゼキエルに告げます。
 なんと、彼らは同胞の多くが捕囚に連れ去られたために所有者の無くなった土地を「自分たちの地として、自分たちの所有として与えられた」と、言っているのです。もちろん、物欲のためだけでなく、「残されたこと自体」主の祝福であるかのように、自分たちこそ主の「残された民」であるとうぬぼれていたのです。
 本当は、彼らは引き裂かれて異国に捕囚となっている同胞をあわれみ、気にかけなければいけないのです。
 あるいは、じつは、捕囚の地においても、そこにいる民にも主の目が注がれていることに気が付かなければいけないのです。

 それゆえ言え。『神である主はこう仰せられる。わたしは彼らを遠く異邦の民の中へ移し、国々の中に散らした。しかし、わたしは彼らが行ったその国々で、しばらくの間、彼らの聖所となっていた。』(16節)

 それを、主はご自身のことばと行為であかししてくださるのです。

 それゆえ言え。『神である主はこう仰せられる。わたしはあなたがたを、国々の民のうちから集め、あなたがたが散らされていた国々からあなたがたを連れ戻し、イスラエルの地をあなたがたに与える。』(17節)

 捕囚からの帰還、それは、主が約束しておられることだと、わかるのです。








posted by さとうまさこ at 09:03| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする