2017年01月06日

エゼキエル書36 わたしが言ったことはもう延びることはなく、必ず成就する。(エゼキエル書11章24節〜12章7節)



 もう、むなしい幻も、へつらいの占いもことごとく、イスラエルの家からなくなるからだ。(エゼキエル書12章24節)
 それは、主であるわたしが語り、わたしが語ったことを実現し、決して延ばさないからだ。反逆の家よ。あなたがたが生きているうちに、わたしは言ったことを成就する。――神である主の御告げ。――」(25節)
 さらに、私に次のような主のことばがあった。(26節)
 「人の子よ。今、イスラエルの家は言っている。『彼が見ている幻はずっと後のことについてであり、はるか遠い将来について預言しているのだ。』(27節)

 イスラエルの家は、「神の選びの民」です。「神の救いのご計画に選ばれた民」です。選ばれただけではありません。神はイスラエル(の家)そのものをお立てになったのです。アブラハムという一介の遊牧民を召し出され、彼の孫ヤコブにイスラエルという名前をお与えになって息子をもうけさせ、イスラエル12部族の始祖とされたのです。
 いわば一粒の麦、コメなら一粒の米に過ぎなかったものに手を掛けて愛を注ぎ、数を増やし、純良な作物として育てられたのです。もちろん、聖書では、これは、麦ではなくぶどうとして譬えられています。

 わたしは、あなたをことごとく純良種の良いぶどうとして植えたのに、どうしてあなたは、わたしにとって、質の悪い雑種のぶどうに変わったのか。(エレミヤ書2章21節)

 このように神様によって育成された者には、当然、使命があるわけです。そのために、神はイスラエルをエジプトでの奴隷状態から救い出し、シナイで契約を結んでくださったのです。神の契約を生きる民に必要な十戒やおきても授けられました。
 無事にカナンに入るまで、まさに煙となり火となってイスラエルの民を守り、導いて下さったのです。

★★★★★

 カナンに入ったイスラエルは、しかしながら、ほどなく「ほかの神」に迷い始めています。周辺国から偶像が入ってきた士師記の時代、「そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行なっていた」と、聖書の著者に記録されるありさまだったのです。(士師記21章25節)

 ここでの「王」は、イスラエルの神と人との関係を見れば、当然、「わたしのほかに神があってはならない」(出エジプト記20章1節〜5節)と仰せになった神のことでもあるでしょう。
 同時に、世俗的な力を振るう王のことです。イスラエルが周辺国に攻められ苦しめられる状況から、軍隊を指揮する王、王制が求められる時代がきていたのです。
 神はいわば「必要悪」として、王制をお認めになり、サウルやダビデを召されたのです。ですから、王は神を第一にする義務があります。ところが、その王自身が偶像を導入するようになり、イスラエル王国は、どんどん弱体化していったのです。王の堕落と連動して祭司や預言者、もとより長老や民も、つまり「イスラエルの家」は、堕落して行きました。

 神はこのような「イスラエルの家」に、さばきを行なうと宣告しておられるのです。しかし、誰ひとり、それを真剣に受け止めることができなかったようです。

 それゆえ、彼らに言え。『神である主はこう仰せられる。わたしが言ったことはすべてもう延びることはなく、必ず成就する。』――神である主の御告げ――」(28節)

 これは、いわば、最後通牒ですね。じつに震え上がるような恐ろしい宣告です。






posted by さとうまさこ at 10:33| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする