2017年01月11日

エゼキエル書41 本気の悔い改め――心に秘めた偶像を取り去る(エゼキエル書14章7節8節)



 神は、神のもとに来る前に悔い改めが必要だと仰せになっています。この場合、エゼキエルの所に預言をもとめてやってきたイスラエルの長老たちに対して言われているのです。
 イスラエルが滅びた原因は、王から民に至るまで、人々の間にはびこった「偶像礼拝」のために、「主なる神」をないがしろにしたからです。ですから、神のことばを求めるのであれば、まず、徹底的に悔改めて、外面だけでなく、心の奥底まで偶像を取り払っていなければならなかったのです。捕囚の民となっていた者の中に、神の目からご覧になったら、偶像を抱いている者がいたのでしょう。
 
 イスラエルの家の者でも、イスラエルにいる在留異国人でも、だれでもわたしから離れ、心の中に偶像を秘め、不義に引き込むものを顔の前に置きながら、わたしに尋ね求めようと、預言者のところに来る者には、主であるわたしが答えよう。(エゼキエル書14章7節)

 ここで問題になっているのは、異教の神の祭壇や彫像ではなさそうです。「心の中に秘められた偶像」だというのです。それは、どのような物かと言えば、人を「不義の引き込むもの」なのです。

★★★★★

 たしかに、一見正しく見える行為、考え方、物などが、神の前に不義であることはたくさんあるのです。
たとえば、お金はとても便利なものですから、人はお金のために懸命に働きます。勤勉そのものは神の前にも正しいことでしょう。
 同時に、お金は偶像になります。サマセット・モームは「カネは第六勘のようなもので、これがないと他の五感も上手く働かない」と言いました。お金がない状態を「首が回らない」とも言います。
 では、金があれば五感が全開するかと言えばそうとばかり言えません。お金があっても「首が回らなくなる人」もいます。神に喜んでいただくこと、神が味方をして下さることを求めるのが先なのです。
 神がそのおつもりになれば、たとえ、倉を建てても城を建てても、首はおろか、いのちさえ取ることができるのです。

 捕囚の民の間では、先行きが不安なだけに、「金」「富」への執着は強かったでしょう。現生利得を思い、神にご利益(ごりやく)を願う気持が切実だったと推測できます。
 そのような「ご利益」を心に思い描いて、預言者のところへ来るとき、神は次のような反応をされたのではないでしょうか。

 わたしがそのような者から顔をそむけ、彼をしるしとし、語りぐさとして、わたしの民のうちから彼を断ち滅ぼすとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。(8節)

 心からの悔い改めもせず、偶像を潜ませて預言者に神のことばを求める行為は、素朴な偶像崇拝者より悪いと神は示しておられるのです。
 そのような者は、「立ち滅ぼす」という事実で、人々は「わたしが主であることを知ろう」と、仰せなのです。何とも厳粛な気持ちにさせられます。








posted by さとうまさこ at 09:46| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする