2017年01月21日

エゼキエル書51 霊的結婚の意味するもの(エゼキエル書16章41節〜47節)



 聖書の神が人間の夫婦関係、その夫に譬えられていることに驚く方がいるかもしれません。じつはさとうも始め、その図式に抵抗がありました。「創造主」「被造物」のけじめがあいまいになるように思えたのです。
 とりわけ、現在の夫像は「神」の位置に置くのは無理がありそうです。

 聖書では、私たちと神さまとは絶対に対等ではあり得ないのですが、今日では、夫婦はもちろん対等なものです。聖書の神様は、「すべてを下さる」方ですが、人間の夫は、妻にすべてを与えることなどできません。聖書の神様は全能の方、永遠から永遠を存在しておられる方、宇宙の端から端までを統べておられる方、隠れたことすべてを見通される方、とその偉大さをどのように言い表しても、言葉がないほどです。人間の夫が、そのような神様に事寄せられるなんて、弱い人間に対して大きすぎる役割りかと思います。

 それでも、夫婦になぞらえてくださるのは、最も深いところを許しあう夫婦関係――のように、私たち人間が、神様に自分のもっとも深いところで結び合わされることを求められているからではないでしょうか。
私たちのもっとも深いところ、それは、肉体を越えた「こころ」「たましい」ともいうべき霊的な領域でしょう。
 だからこそ、神は、契約の始めに、「ほかの神々」を拝むことを戒められ、厭われているのでしょう。なぜなら、「この方」が私たちを「いのちの息を吹き込んで、生きる者として下さった」のです。その同じ「霊の息」で結び合わされることが、神との奥深いつながりなのです。

★★★★★

 そのうえ、あなたの家々を火で焼き、多くの女たちの見ている前であなたにさばきを下そう。わたしはあなたの淫行をやめさせる。あなたはもう、報酬を支払わなくなろう。(エゼキエル書16章41節)
 わたしは、あなたに対するわたしの憤りを静め、わたしのねたみをあなたから遠のける。わたしは心を休め、二度と怒るまい。(42節)
 あなたが、自分の若かった時のことを思い出さず、かえって、これらすべてのことでわたしを怒らせたので、見よ、わたしもまた、あなたの頭上にあなたの行ないを返す。―― 神である主の御告げ――あなたはすべての忌みきらうべきわざに、みだらな行ないを加えることは、もうすまい。(43節)
 見よ。ことわざを用いる者は、あなたについてこういうことわざを用いよう。『あの母だから、この娘。』と。(44節)
 あなたは、自分の夫と子どもをきらった母の娘。自分たちの夫や子どもをきらった姉妹があなたの姉妹。あなたがたの母はヘテ人、あなたがたの父はエモリ人であった。(45節)
 あなたの姉は、その娘たちといっしょに、あなたの左に住んでいるサマリヤであり、あなたの妹は、その娘たちといっしょにあなたの右に住んでいるソドムである。(46節)

 これは、イスラエルが置かれたカナンの環境を言われています。以前にも書きましたが、イスラエルは、更地に入ったのではありません。最初から、多くの異教の民がいて、彼らを滅ぼして入るようにとの御命令でした。
 これもある意味異教徒が象徴的に使われていますが、「偶像の神に決然と戦いを挑んで、彼らを滅ぼして」、そのあと地に、「神の国」を築くことが神のみむねだったにちがいありません。
 しかし、現実は違いました。

 あなたは、ほんのしばらくの間だけ、彼らの道に歩まず、彼らの、忌みきらうべきわざをまねなかったが、ついにあなたのすべての道において、彼らよりも堕落してしまった。(47節)







posted by さとうまさこ at 11:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする