2017年02月12日

エゼキエル書71 ためされるとき、つえまで退けられたら、どうなることだろう。(エゼキエル書21章13節〜17節)



 ためされるとき、杖まで退けられたなら
いったいどうなることだろう。
――神である主の御告げ。(エゼキエル書21章13節)

 この箇所の「杖」は、11節の「わたしの子の杖」を指しています。わたしの子の杖とは何でしょうか。新約の民であるクリスチャンたちは、主が「わたしの子」と言われるとき、すぐにイエス・キリストを思い出します。私たちは、キリストの血潮で贖われるのを「当てにして」います。事実、そうのようにお約束をいただいています。エゼキエルの時代にはまだ、キリストによる救いは人々の意識にはなかったかもしれません。けれども、父なる神の御計画の中では、キリストは私たちと父なる神との間をとりなすために存在している「仲保者」でした。また、そのような思想がイスラエルの民の間にも時々垣間見えます。(例、ヨブ記)
 キリストが民を導き民をその杖で分けることはあっても、同じ人間がそのようなさばきをするなどあり得ないはずです。
 しかし、今、神が「殺す者」に、殺す許可を与えておられるのです。それも、異教の民・バビロンへの許可です。もはや、神ご自身は、いかなる「とりなし」も無用と思っておられるのかのようです。

★★★★★

人の子よ。預言して手を打ち鳴らせ。
剣を二倍にし、三倍にして、人を刺し殺す剣とし、
大いに人を刺し殺す剣として、
彼らを取り囲め。(14節)

 主は、エゼキエルにひるまず預言をするように励まされます。預言の内容は次第に高鳴って激しくなっていきます。剣が二倍三倍とは、主のさばきの剣がしだいに大きく鋭く数を増すことを意味するレトリックです。イスラエルの民は、主の再三に及ぶ警告を無視して来ました。そのたびに、それゆえ、神の怒りもさばきも大きく重いものになっていったのです。

  彼らの心が震えおののくように、
彼らのすべての門に、
つまずきをふやせ。
ああ、わたしは剣の先をいなずまのようにして、
虐殺のためにみがきをかける。(15節) 
 あなたの顔の向くところ、
右に向け、左に向けて切りまくれ。(16節)
 わたしもまた、手を打ち鳴らし、
憤りを静めよう。主であるわたしが語るのだ。」(17節)

 エゼキエルの預言によって、民は震え上がるでしょうか。もちろん、いかに厚顔な人たちでも、はげしいさばきの前で「震えおののく」でしょう。
 エゼキエルは、その神の預言を余すところなく、右にも左にも、告げ知らせなければならないのです。








posted by さとうまさこ at 08:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

エゼキエル書72 二つの道の分岐点を示す(エゼキエル書21章18節〜22節)



 ついで、私に次のような主のことばがあった。(エゼキエル書21節18節)
 「人の子よ。バビロンの王の剣が来るために、二つの道にしるしをつけ、二つとも一つの国から出るようにせよ。町に向かう道の始まりに一つの道しるべを刻みつけておけ。(19節)

 今回の預言は、一種の行為による預言だろうと、注解書に解説があります。(新実用聖書注解・いのちのことば社)
 この時代の背景としては、エゼキエルなど第二次捕囚となっている時代に、まだユダ王国は存在しています。エホヤキンが連れ去られた後に、バビロンは、エホヤキンのおじマタヌヤをゼデキヤと改めさせ、ユダ王国の王としました。その時に、契約を結んだのです。(U列王記24章17節)
 ですから、ユダの人々はエルサレムが攻められユダ王国が滅ぼされるといった預言は信じられないのです。それゆえ、神はエゼキエルにより具体的な形での預言をお命じになったと思われます。

★★★★★

 剣がアモン人のラバか、ユダ、すなわち、城壁のあるエルサレムに行けるように道にしるしをつけておけ。(20節)
 バビロンの王は、道の分かれ目、二つの道の辻に立って占いをしよう。彼は矢を振り混ぜて、テラフィムに伺いを立て、肝を調べる。(21節)
 彼の右の手にエルサレムへの占いが当たり、彼は城壁くずしを配置し、虐殺を命じて口を開き、叫び声をあげて、城壁くずしを門に向かわせ、塹壕を掘り、塁を築く。(22節)

 この時、バビロンの王ネブカデネザルは、ユダとアモンのどちらを攻めようかとまだ迷っていたようです。その分岐点にしるしをつけておくようにと主は、エゼキエルにお命じになっているのです。
 ネブカデレザルは道の分岐点に来て占いをします。テラフィムは、創世記にも出てくるいわば氏神用の偶像です。肝は動物の肝ですが、その色や状態を見てで占ったのでしょう。
 ところが、この時に占いはことごとく、ユダへの道を示していたのです。神が、占いを通して御意思を示されたからです。

 このようにして、エルサレムは、バビロン軍に包囲されることになります。城壁崩しや、塹壕や塁は、すべて城攻めの手段です。








posted by さとうまさこ at 11:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

エゼキエル書73 イスラエルの不義を責める(エゼキエル書21章23節〜27節)



 彼らは、何回となく誓われても、その占いはうそだと思う。だが、彼は彼らを捕えて、彼らの不義を思い出させる。(エゼキエル書73章23節)
 それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたがたのそむきの罪があばかれるとき、彼が、あなたがたの不義を思い出させて、あなたがたのすべてのわざに罪が表われるようにするため、また、あなたがたが思い出すため、あなたがたは彼らの手に捕えられる。(24節)

 バビロンが攻めてくる道に目印を付けよというのが、主の、エゼキエルに対する御命令でした。(エゼキエル書21章20節) その場所でバビロンの王が占いをして、エルサレムに行くか、アモンに行くか決めるのです。ところが、占いは、エルサレムを指し示すのです。
 ところが、エゼキエルに預言を求めた民(長老)は、信じないのです。この期に至って「占いは嘘だと言い張るわけです。しかし、じっさいには、バビロンの王は彼らを捕えるのです。23節の「彼」はネブカデレザルを指しています。ネブカデレザルの怒りには理由がありました。ゼデキヤがバビロンとの約束を破ったことです。

★★★★★

 悪に汚れたイスラエルの君主よ。あなたの日、最後の刑罰の時が来た。(25節)
 神である主はこう仰せられる。かぶり物は脱がされ、冠は取り去られる。すべてがすっかり変わり、低い者は高くされ、高い者は低くされる。(26節)

 イスラエル王国(ユダ王国)最後の君主は、ゼデキヤです。彼に下された罰は、とても悲惨です。
彼らはゼデキヤの子らを彼の目の前で虐殺した。王は、ゼデキヤの目をつぶし、彼を青銅の足かせにつないで、バビロンへ連れて行った。(U列王記25章7節)と書かれているとおりです。

 ここまでされなければ、彼は自分の不義がわからなかったのでしょうか。いいえ。このような目に遭っても、わかったかどうか・・・。

 廃墟だ。廃墟だ。わたしはこの国を廃墟にする。このようなことは、わたしが授ける権威を持つ者が来るまでは、かつてなかったことだ。(27節)

 主が権威を授けた者とは、ダビデでしょうか。この文章はわかりにくい訳ですが、ダビデ王朝の不義を指摘されているのかと思われます。王制は民が望み、神がサウルを、ついで万全を期してダビデに油を注がれて開かれたのですが、神の御心を行なう王たちが少なかったために、イスラエルは崩壊したのですから。







posted by さとうまさこ at 09:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

エゼキエル書74 あなたは火のたきぎとなる。(エゼキエル書21章28節〜32節)



 人の子よ。預言して言え。神である主はアモン人と、彼らのそしりについてこう仰せられると言え。剣、一振りの剣が、虐殺のために抜き放たれた。いなずまのようにして、絶ち滅ぼすためにとぎすまされた。(エゼキエル書21章28節)

 アモンは、モアブ同様、遠い過去(創世記の時代)においてイスラエルと縁戚関係でした。ロトの姉娘の子孫がモアブで妹娘の子孫がアモンです。イスラエルの東に隣接していましたから、聖書にはしばしば登場して来ます。敵になったり味方になったりするのですが、彼らと同盟を結ぶことがあっても、それは、神の御心に沿うことではありませんでした。なぜなら、彼らも偶像を拝む国だったからです。
 ユダ王国の末期的状況の中で、BC593年にユダ王国はアモンと同盟を結んでいました。
しかし、ネブカデレザルは、アモンとエホヤキムに行く道の分岐点で、エルサレムへの道を取りました。

★★★★★

 彼らがあなたにむなしい幻を見せ、あなたにまやかしの占いをするとき、その剣は汚れた悪者どもの首に当てられ、彼らの日、最後の刑罰の時が来る。(29節)
 剣は、さやに納められる。あなたの造られた所、あなたの出身地で、わたしはあなたをさばく。(30節)

 ここでの「彼ら」はアモン人のことです。アモン人も、バビロンの脅威を前にして、占いや偽預言者を頼りにしていたのです。その結果、アモンも滅ぼされるのです。
 新聖書辞典(いのちのことば社)には、次のような解説があります。
 ネブカデレザルはBC582年に、アモンの都ラバを攻略した。(エゼキエル25:1‐7) その後アモンの地はアラビヤ人の侵略を受けて、BC530年頃に国は滅亡した。

 わたしはあなたの上にわたしの憤りを注ぎ、激しい怒りの火を吹きつけ、滅ぼすことに巧みな残忍な者たちの手に、あなたを渡す。(31節)
 あなたは火のたきぎとなり、あなたの血はその国の中で流され、もう思い出されることはない。主であるわたしがこう語ったからだ。」(32節)

 ユダ王国はアモンとの同盟も空しく、「火のたきぎとなる」のです。
 これが、今回(エゼキエル書21章)エゼキエルに語られた主の預言でした。







posted by さとうまさこ at 09:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

エゼキエル書75 忌み嫌うべきわざを告発する。(エゼキエル書22章1節〜12節)



 次のような主のことばが私にあった。(エゼキエル書22章1節)
 「人の子よ。あなたはさばくのか。この流血の町をさばくのか。それなら、これにその忌みきらうべきわざを残らず知らせ、(2節)


 「流血の町」はエルサレムを意味するのでしょう。「さばくのか」と質問の形になっていますが、それは強調の意味でしょうか。さばくのなら、徹底的に裁くように促しておられるのでしょう。

 神である主はこう仰せられる、と言え。自分の中で血を流して、自分の刑罰の時を招き、自分の町に偶像を造って自分を汚す町よ。(3節)

 神がさばいておられるのは、「自分の町」「自分を汚す町」です。ここでは、イスラエルの民、エルサレムの住民、エルサレムが同じ罪の上に断罪されています。それらは、次には「終え」と呼ばれています。

 おまえは自分の流した血で罪に定められ、自分の造った偶像で身を汚し、自分の刑罰の日を近づかせ、自分の刑罰の年を来させた。だから、わたしはおまえを諸国の民のそしりとし、すべての国の笑いぐさとする。(4節)
 おまえの近くにいる者も、遠くにいる者も、名の汚れた、ひどくかき乱されたおまえをあざ笑う。(5節)

 かつては、神の国の都だったエルサレム、ユダの人の拠り所だった神の都が、すでに「罪に定められている」のです。それは、エルサレム自身がすでに偶像礼拝で「身を汚した」からです。実際には、ユダの王や長老や民が行なったことですが、それゆえ,エルサレムの栄光と神聖さはすっかり取り去られ、刑罰を受けているのです。
 そのような変質と荒廃とを、諸国の民が笑いものにしているのです。

★★★★★

 さらに、主は、彼らの罪を具体的に告発されています。

 見よ。イスラエルの君主たちはみな、おまえの中で暴力をふるって血を流している。(6節)
 おまえの中では、父や母は軽んじられ、おまえのところにいる在留異国人は虐待され、おまえの中にいるみなしごや、やもめはしいたげられている。(7節)

 父母を軽んじるのは、十戒の第5の戒めへの違反です。在留異国人や孤児、やもめへの虐待は、出エジプト記22章20節21節への違反です。

 おまえはわたしの聖なるものをさげすみ、わたしの安息日を汚した。(8節)

 安息日も、十戒の4番目の戒めです。(出エジプト記20章8節) これらの戒めは、シナイで神の民として、主から契約をいただいたとき、イスラエルが守る原則でした。
 さらに、契約の民として与えられた律法をイスラエルの民がないがしろにしてきたことが列挙されるのです

 おまえのうちのある者たちは、血を流そうと他人を中傷し、ある者は丘の上で食事をし、おまえの中でみだらなことをした。(9節)
 おまえの中では父が裸をあらわされ、おまえの中では、さわりのある女が犯された。(10節)
 ある者は隣人の妻と忌みきらうべきことをし、またある者は嫁とみだらなことをして身を汚し、ある者はおまえの中で、自分の父の娘である自分の姉妹をはずかしめた。(11節)
 おまえの中では、血を流すためにわいろが使われ、おまえは利息と高利を取り、隣人を虐待して利得をむさぼった。おまえはわたしを忘れた。――神である主の御告げ――(12節)









posted by さとうまさこ at 10:55| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする