2017年02月22日

エゼキエル書81 わたしはねたむ神(エゼキエル書23章25節〜30節)



 わたしはあなたをわたしのねたみとする。彼らは怒って、あなたを罰し、あなたの鼻と耳とを切り取り、残りの者を剣で切り倒す。彼らはあなたの息子や娘たちを連れ去り、残りの者は火で焼き尽くされる。(エゼキエル書23章25節)
 彼らはあなたの着物をはぎ取り、あなたの美しい品々を奪い取る。(26節)
 わたしはあなたのみだらな行ないと、エジプトの地以来の淫行をやめさせ、あなたが彼らを仰ぎ見ず、もうエジプトを思い出さないようにする。(27節)

 すでに書きましたように、旧約聖書の神と人との関係を、人間の結婚関係――ありていに言えば性的な男女関係に引き移されて(譬えられて)語られているゆえに、多くの聖書読者をつまづかせます。
 たとえば、「わたしはねたむ神である」と言ったくだり(出エジプト記20章5節)を原語に戻って、ねたむの意味を熱情だとか、深い愛ゆえの熱い思いに置き換えようと解説しているのを見ます。日本語で「ねたむ」という場合の、マイナスのイメージをなんとか払拭しようとしている感じです。

 本来、愛と妬みは背中合わせではないでしょうか。妬まない愛などあり得ません。しっとと愛はもろ刃の剣です。つまり、「愛はよく研がれた刃物」と同じです。ただし、よく研がれた刃物が、愛と同じとは言えませんね。ナイフで見ず知らずの人を刺すような悪意、また戦場では剣で相手を倒すのですが、考えて見たら、これは本来、人の英知の現れである発明品――「刃物」に悪魔が働いている状態ですね。刃物にとっては迷惑な話です。

 ★★★★★

 神はイスラエルを深く愛されているゆえに、イスラエルの裏切りをお許しにならないと仰せなのです。ですから、異邦の民が、「彼らの鼻と耳を切り落とし、剣で切り倒し、娘や息子たちを連れ去り、残りの者を火で焼く」ことをお許しになるのです。

 神である主はこう仰せられる。見よ。わたしは、あなたが憎む者の手、あなたの心が離れ去った者の手に、あなたを渡す。(28節)

 アッシリヤの軍隊や、バビロンのネブカデレザルが虐殺をするのを、主がお許しになる。むしろ、主の御意思であるということを聖書読者は、なかなかすんなりと受け入れがたいのです。

 彼らは憎しみをもってあなたを罰し、あなたの勤労の実をことごとく奪い取り、あなたをまる裸にして捨て去ろう。あなたの淫行と淫乱と売淫の恥はあばかれる。(29節)
 これらのことがなされるのは、あなたが異邦の民を慕って姦淫をし、彼らの偶像であなたの身を汚したからである。(30節)

 しかし、その原因はあくまで、イスラエルの人々が異邦の神と姦淫したことにあるのです。
 今日の私たちは、姦淫をそれほどまでに深刻に受け取らないように「宣伝される」社会に生きています。けれども、神の深い愛を理解する時、その愛に浸るとき、姦淫は本来ありえないと、聖書は語っているように思います。







posted by さとうまさこ at 11:08| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

エゼキエル書82 姉の杯を妹のあなたにも渡す(エゼキエル書23章31節〜34節、U列王記11章9節〜13節)



 あなたが姉の道を歩んだので、わたしは彼女の杯をあなたの手にも渡す。(エゼキエル書23章31節)
 神である主はこう仰せられる。
   あなたは姉の杯、深くて大きい杯を飲み、
   物笑いとなり、
   あざけりとなる。
   この杯はあふれるほどに満ちている。(32節)

 オホラとオホリバと呼ばれる北イスラエル王国と南ユダ王国。じつは、さとうには、北イスラエルを、南ユダをと呼ぶ理由が、よくわからないのです。
 イスラエル12部族の内、10部族が、神によって北王国の創立者ヤロブアムに与えられました。しかし、イスラエル王国の主流はあくまで、エルサレムをいただくユダ王国で、都エルサレムは北イスラエルが生まれる前からあるはずなのですが・・。

 北王国の創設は神の御意思であったことは、聖書に記されています。
 隆盛を誇ったソロモンは、奢侈な生活に浸りきって行きました。多くの妻を持ち、彼女たちのために、エルサレムの東にある山の上に高い所を築いたのです。

 主はソロモンに怒りを発せられた。それは、彼の心がイスラエルの神・主から移り変わったからである。主は二度も彼に現れ、(U列王記11章9節)
 それゆえ、主はソロモンに仰せられた。「あなたがこのようにふるまい、わたしが命じたわたしの契約とおきてとを守らなかったので、わたしは王国をあなたから引き裂いて、あなたの家来に与える。(同11節)
 しかし、あなたの父ダビデに免じて、あなたの存命中は、そうしないが、あなたの手からそれを引き裂こう。(同12節)
 ただし、王国全部を引き裂くのではなく、わたしのしもべダビデと、わたしが選んだエルサレムのために、一つの部族だけをあなたの子に与えよう。」(同13節)

 北王国誕生が、この神のことばの実現だったのですから、たしかにこの時点では、イスラエル王国はヤロブアムに引き継がれたような印象です。ソロモンの家は神のあわれみによって生き残ったかのようです。ただし、ソロモンの家がエルサレムを保持していたのですから、北王国は南ユダに対して、最初から「正統性」に問題があったのです。
 自国の民が、対立相手のユダ王国の都に出かけるのを危惧したヤロブアムは、ダンとベテルに金の小牛を置いて、民に拝ませるという大きな間違いを犯しました。このような北王国は、19人の王の間に10代も王家が代るという不安定さでした。あげくにほぼ200年後には、アッシリヤによって滅ぼされるのです。(BC722年) ユダ王国はBC586年にエルサレムが陥落していますから、それでも、北イスラエル滅亡のあと、136年続いたということになります。

★★★★★

 しかし、北の同胞を失ったユダ王国の政情は年を追って不安定になりました。
 それは、エルサレムでも偶像礼拝がはびこり、主の怒りを招いたからです。

   あなたは酔いと悲しみに満たされる。
   恐怖と荒廃の杯、
   これがあなたの姉サマリヤの杯。(33節)
   あなたはこれを飲み、
   飲み干して、杯のかけらまでかみ、
   自分の乳房をかき裂く。
   わたしがこれを語ったからだ。
   ――神である主の御告げ――(34節)

 滅亡へと向かうユダ王国の状況が、酒に酔い、夫でない男を慕うみだらな女にたとえられています。





posted by さとうまさこ at 10:30| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

エゼキエル書83 淫行の責めを負え(エゼキエル書23章35節〜44節、)



 それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたはわたしを忘れ、わたしをあなたのうしろに投げやったから、あなたも自分のみだらな行ないと、淫行の責めを負え。」(エゼキエル書23章35節)
 主は私に仰せられた。「人の子よ。あなたはオホラとオホリバをさばくか。それなら、ふたりに彼女たちの、忌みきらうべきわざを告げ知らせよ。(36節)
 彼女たちは姦通し、その手は血に染まっている。彼女たちは自分たちの偶像と姦通し、わたしのために産んだ子どもをさえ、それらのために火の中を通らせて、焼き尽くした。(37節)
 なお、彼らはわたしに対してこんなことまでし、同じ日に、わたしの聖所を汚し、わたしの安息日を汚した。(38節)
 偶像のために、自分たちの子どもを殺し、その同じ日にわたしの聖所に来て、これを汚した。彼らはなんと、このようなことをわたしの家の中でした。(39節)

 イスラエルが「夫である主」に対して犯した悪業が並べられています。すでに何度も語られていることです。今日の結婚観や男女関係を前提にしていると、これらは少々厳しすぎると感じられるかもしれません。姦淫は悪いかもしれないけれど、それほど罰せられるなら離婚してくれ」などとなるのが、今日の結婚関係だからです。
 一番の違いは、人間の男女関係は対等なものだということでしょう。素晴らしい夫も決して完全に妻を愛することはできません。妻を「奇蹟でもって」救い出し、すべてを与え、すばらしい約束を将来にすることもできません。約束をしても、じっさいに実現できないのです。豪邸を買って妻を住まわせ、豪勢な生活をさせる夫は、あるいは、存在するかもしれません。アメリカの富豪大統領は、移民である妻に望む物すべてを与えているかもしれません。でも、人間の夫には、多くの制限があります。まず、「永遠」ではありません。妻を含めて「すべての創造主(つくりぬし)」でもありません。知恵も知識も限りがあります。すべての人の「髪の毛の数」など数えようもありません。自分の髪でさえ、白くも黒くもできません。(手を掛けて染めたり植えたりすることはできますが) 

 聖書が書かれた時代の中では、神を夫になぞらえるほど、人間の夫には権威と力があったのでしょうか。夫は妻の生涯を愛でもって保障しつづけたのでしょうか。

★★★★★

 それなのに、あなたがたは、遠くから来る人々を、使者を遣わして招いた。彼らが来ると、あなたは、彼らのために身を洗い、目の縁を塗り、飾り物で身を飾り、(40節)
 豪奢な寝台に横たわり、その前に食卓を整え、その上にわたしの香と油とを置いた。(41節)

 その上、わざわざ遠くに使者を遣わして、姦淫の相手を招いたというのです。姦淫の相手に気に入られようと、厚化粧をし、飾り物を身にまとい、相手を接待したのです。寝台で横たわって食事をするのは、当時の中東の風習だったのでしょう。

 そこでは、のんきなばか騒ぎが聞こえ、都会からの者に、荒野からの大酒飲みが加わった。そして、彼らは、彼女たちの腕に腕輪をはめ、頭には、輝かしい冠をかぶせた。(42節)

 お客には、都会からの者と荒野からの者が混じり――つまりあらゆる種類の男達がいて、じつに盛大だったのです。男たちは当然女に腕輪や冠を贈るのです。

★★★★★

 主は同時に、客になっている男たちについても考えておられます。自分の妻と姦通する男たちも無罪ではあり得ないのです。

 そこで、わたしは、姦通で疲れきった彼女について考えた。彼らは今、その女と姦淫をしているのではないかと。(43節)
 彼らは遊女のもとに行くように、彼女のもとに行った。彼らは、みだらな女たち、オホラとオホリバのもとに行った。(44節)

 十戒の7番目の戒めは,姦淫してはならない(出エジプト記20章14節)です。これについては、レビ記には、人がもし、他人の妻と姦通するなら、すなわちその隣人の妻と姦通するなら、姦通して男も女も必ず殺されなければならない。(レビ記20章10節)とその内容が記されています。










posted by さとうまさこ at 10:15| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

エゼキエル書84 あなたがたはあなたがたの偶像の罪の罰を負わなければならない。(エゼキエル書23章45節〜49節、)



 しかし、正しい人たちは、姦通した女に下す罰と殺人をした女に下す罰で彼らをさばく。彼女たちが姦通し、彼女たちの手が血に染まっているからだ。」(エゼキエル書23章45節)

 多くの男たちが、オホラとオホリバと姦通するためにやってきたのです。しかし、中には、彼女たちとの姦通が目的ではなく、彼女たちを罰するためにやって来る者もいるのです。
 主は、バビロンの軍が攻め上って来ると仰せになっています。それは、ネブカデレザルの意思やバビロンの戦略である以上に、「主のみこころ」なのです。バビロンにエルサレムを攻め上らせたのは主ご自身なのです。

 まことに神である主はこう仰せられる。「わたしは一つの集団を彼らに向けて攻め上らせ、彼女たちを人々のおののきとし、えじきとする。(46節)
 集団は彼女たちを石で打ち殺し、剣で切り倒し、その息子や娘たちを殺し、その家々を火で焼き払おう。(47節)

 主は、ご自分の民だけではなく、直接はご自分を拝んでいない異邦の民にも働きかけることがお出来になります。まことに、主は全世界の所有者であられ、支配者であられるのは、創世記のはじめから記されているとおりです。(創世記1章1節)
 イスラエル王国末期の紀元前7世紀〜6世紀には、中東であっても異邦の神を拝み、偶像礼拝をしている者の方が圧倒的に多かったでしょう。しかし、彼らに自覚はなくても、異邦人もまた、ヤーウエ――「わたしはある」と自己紹介された、創造主(造り主)の支配のもとにあるのです。(出エジプト記3章14節)

★★★★★

 わたしはこの地からみだらな行ないをやめさせる。すべての女たちは自分自身を戒めて、あなたがたがしたような、みだらな行ないをしなくなる。(48節)
 あなたがたのみだらな行ないの報いはあなたがたの上に下り、あなたがたはあなたがたの偶像の罪の罰を負わなければならない。このとき、あなたがたは、わたしが神、主であることを知ろう。」(49節)

 じっさい、国の崩壊、エルサレムの壊滅の後、捕囚を経験しなければならなかったイスラエルの民は、自分たちの過ちに気付いて行くのです。悔い改め、信仰の原点に返って、自分たちの主が自分たちを生かして下さっていたことに気が付くのです。
 つまり、「あなたがたは、わたしが神、主であることを知るであろう」との預言のとおりになって行くのです。

     ※聖書は、新改訳聖書を使っています。






posted by さとうまさこ at 09:48| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

エゼキエル書85 この日、ちょうどこの日の日づけを書きしるせ。(エゼキエル書24章1節〜11節、)



 第9年の第十の月の十日に、私に次のような主のことばがあった。(エゼキエル書24章1節)
 「人の子よ。この日、ちょうどこの日の日づけを書きしるせ。ちょうどこの日に、バビロンの王がエルサレムに攻め寄せたからだ。(2節)


 多くの男たちがオホラとオホリバ(イスラエル)と姦通するためにやってきたのですが、罰するためにやって来る男もいる、それがバビロンであるというのが、23章に書かれていました。
 姦通することは、主の目からご覧になったら、主の愛をないがしろにする許しがたい罪です。ですが、人間的な目で見ていると、それは一種の処世術でした。モアブ、アモン、ペリシテ、エドムなどの国々と、イスラエルは「うまくやっている」つもりでした。敵対する時もありましたが、同盟を結ぶ時もあり、偶像礼拝も彼らにとっては、方便だったのかもしれません。しかし、バビロンには、そのような小手先の外交手段や方便は通用しなかったのです。

 バビロンによって立てられていた傀儡の王ゼデキヤが、バビロンに叛いたとき、バビロンは、最終手段を取ってエルサレムに攻め上り、町を包囲しました。
その日にちをどうしてエゼキエルが知り得たのかは、よくわからないのです。今のように電話やメール、テレビやラジオのニュースがある時代ではありません。
 バビロン政府の中枢には、いろんなニュースが届くシステムが会ったでしょうが、彼らは捕囚でした。

 まさに、預言者エゼキエルの面目躍如、預言が神のことばを受けることだということが証明されている個所です。

★★★★★

 この包囲がどれほど厳しいものであったかが語られます。包囲は、ゼデキヤの治世の第9年第十の月の十日に始まり、第11年まで二年半も続いたのです。囲まれて兵糧攻めにあっている状態は、もはや、いくさとは呼べません。(U列王記25章1節〜4節)
 籠城に意味があるのは、援軍が来るとわかっている場合だけです。この時、ゼデキヤがエジプトを当てにしていたのは事実のようですが、結局、エジプトは、当てにするに足る夫ではなかったのです。 

 ここで再び、火にかけられた鍋とその中の肉のたとえが出てきます。(エゼキエル書11章3節〜)

 あなたは、反逆の家に一つのたとえを語って言え。
  神である主はこう仰せられる。
  なべを火にかけ、
  これを据え、水をこれに注ぎ入れよ。(3節)
  これに肉の切れ、
  ももと肩の良い肉の切れを
  みないっしょに入れ、
  えり抜きの骨でこれを満たせ。(4節)
  えり抜きの羊を取れ。
  なべの下には、まきを積み、よく沸騰させて、
  その中の骨も煮よ。(5節)
  それゆえ、神である主はこう仰せられる。
  ああ。
  流血の町、さびついているなべ。
  そのさびは落とせない。
  一切れずつそれを取り出せ。
  くじで引いてはならない。(6節)
  彼女の血はまだ、そこにある。 
  彼女はそれを裸岩の上に流し、
  地面にそれを流さず、
  これに土をかぶせようともしなかった。(7節)
  わたしは、憤りをつのらせ、
  復讐するため、その血を裸岩の上に流させて、
  これに土をかぶせなかった。(8節)
  それゆえ、神である主はこう仰せられる。
  ああ。流血の町。
  わたしもこれにたきぎを積み上げよう。(9節)
  まきをふやし、火を燃え立たせ、
  肉をよく煮、味をつけ、骨も燃やせ。(10節)
  なべをからにして炭火にかけ、
  その青銅を熱くして、その中の汚れを溶かし、
  さびがなくなるようにせよ。(11節)









posted by さとうまさこ at 08:59| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする