2017年02月07日

エゼキエル書66 わたしは生きている(エゼキエル書20章33節〜38節)



 わたしは生きている、――神である主の御告げ――わたしは憤りを注ぎ、力強い手と伸ばした腕をもって、必ずあなたがたを治める。(エゼキエル書20章33節)
 わたしは、力強い手と伸ばした腕、注ぎ出る憤りをもって、あなたがたを国々の民の中から連れ出し、その散らされている国々からあなたがたを集める。(34節)
 わたしはあなたがたを国々の民の荒野に連れて行き、そこで、顔と顔とを合わせて、あなたがたをさばく。(35節)
 わたしがあなたがたの先祖をエジプトの地の荒野でさばいたように、あなたがたをさばく。――神である主の御告げ――(36節)

 私たちの信じる神様は「生きておられる」と、クリスチャンは知っています。これは、信徒であれば、じっさいに実感することです。もちろん、聖書の物語はすべてこの「生ける神」が主人公です。神が主役であることを忘れそうになると、聖書に躓きそうになります。聖書を読み進んでいると、偉大な人物、神から特別に召されたとしか言いようのない大きな信仰者の姿に圧倒されることがあります。たとえば、モーセ、サムエル、ダビデ、エリヤ、イザヤ・・・など。この書物の語り手であるエゼキエルにしても、決して隅においてよい人物ではありません。それでも、彼らは神が主役であって初めて輝く登場人物なのです。神の大きさ、圧倒的な御力、濃厚な人との関わり、一言でいうなら、「生きて働かれる神」が彼らを召されたことが、すべてなのです。

 生きておられるから、神は「わたしの名のために」と仰せになることができます。ご自分の名――じっさいには「わたしは、『わたしはあるという』者である」と自己紹介された(出エジプト記3章13節)創造主は、ご自分の名のために、国を失い、散り散りに散らされた選びの民を「立て直そう」と言われるのです。
 イスラエルの民を、力強い手を伸ばし、憤りをもって、「裁く」と仰せなのです。

 ★★★★★


 わたしはまた、あなたがたにむちの下を通らせ、あなたがたと契約を結び、(37節)
 あなたがたのうちから、わたしにそむく反逆者を、えり分ける。わたしは彼らをその寄留している地から連れ出すが、彼らはイスラエルの地にはいることはできない。このとき、  あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。(38節)

 羊飼いたちは、羊を数えるために杖を使ったのです。一頭ずつ羊の上にかざしたのでしょうか。ときには、羊の間を杖で割って、立ち止まらせて数を数えたかもしれません。さらに、それらを右と左に、廃棄したり売ったりする羊と、飼育を続ける羊に分けたのです。ここは、ですから、羊を選び分けるときのとても具体的な描写ですが、もとより、人をそのように数え直し、彼らをえり分けるとのたとえになっています。
 神様が、捕囚になっている者の中から、反逆者と連れ戻す民をえり分けるとの、メッセージなのです。








posted by さとうまさこ at 09:56| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする