2017年02月17日

エゼキエル書76 忌み嫌うべきわざを告発する。2(エゼキエル書22章13節〜16節)



 見よ。おまえが得た不正な利得と、おまえの中に流された血のために、わたしは手を打ち鳴らす。(エゼキエル書22章13節)

 「手を打ち鳴らす」のは、「敵に対する勝利と嘲りのしるし」(新実用聖書注解・いのちのことば社p1106)です。主が、ご自分の民を嘲ってこのようにされるとは、イスラエルの民にとって、救いのない状態です。主のあわれみはどうなってしまったのでしょうか。イスラエル王国の歴史を通して、何度も何度も、主はお怒りになり、警告を与え、それでも、あわれみのうちに王国を継続させて下さったのを、聖書読者は思い出します。
 しかし、主は、とうとう見切りをつけられたのでしょうか。

 そうかもしれません。エレミヤの預言を聞く者はなく、エゼキエルの預言に対しても、自分から預言を求めていながら、「たとえで語っている」と批判するのです。→(エゼキエル書20章49節)
 真実な預言者を退けて、偽預言者がのさばるなら、もう回復の余地はないと、見られたのかもしれません。

★★★★★

 わたしがおまえを罰する日に、おまえの心は耐えられようか。おまえの手は強くありえようか。主であるわたしがこれを語り、これをする。(14節)

 主のなさることに、対抗できる力は人間にはありません。主の前では、私たちは平伏する以外にないのです。

 力尽きたことを認めて、自分の叛きの罪を認めて、悔い改めるときに、それでも「滅ぼす」と、主は仰せになりません。
 次のような、思いがけないことばを下さいます。

 わたしはおまえを諸国の民の中に散らし、国々に追い散らし、おまえの汚れを全く取り除き、(15節)
 諸国の民が見ている前でおまえにゆずりの地を与える。このとき、おまえは、わたしが主であることを知ろう。」(16節)

 諸国の民の中で、汚れを取り除いて下さったあと、諸国の民の見ている前で、「ゆずりの地を与える」と宣言されます。私たちは、最後は、主を主であると再認識することになるのですね。感謝です。







posted by さとうまさこ at 09:59| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする