2017年04月21日

エゼキエル書138 わたしは二度とわたしの顔を彼らから隠さず、わたしの霊をイスラエルの家の上に注ぐ。(エゼキエル書39章14節~29節)



 エゼキエルの預言は、捕囚の民に語られているのです。にもかかわらず、神の御心は、目の前の民の捕囚の状況を超えた大きなまぼろしとなっています。はたして、これらの預言は、当時のイスラエル人たちに理解されたのでしょうか。
 捕囚から帰還することが当面最大の関心時であるはずの人たちに、さらに起きるゴグ・マゴグとの戦いは、どのように映っていたのでしょう。

 彼らが帰還しても、平和に暮らす(未来の)イスラエルの山々でもまだ恐ろしい敵が彼らを攻めて来て、神の民は、血なまぐさい光景を見ることになる。ただ、最終的には、神が立ち向かって下さり、敵はイスラエルの山々に倒れるのです。

 彼らは、常時、国を巡り歩く者たちを選び出す。彼らは地の面に取り残されているもの、旅人たちを埋めて国をきよめる。彼らは七か月の終わりまで捜す。(エゼキエル書39章14節)
 巡り歩く者たちは国中を巡り歩き、人間の骨を見ると、そのそばに標識を立て、埋める者たちがそれをハモン・ゴグの谷に埋めるようにする。(15節)
 そこの町の名はハモナとも言われる。彼らは国をきよめる。(16節)

 イスラエルの家は、最後まで神に逆らって出て来た敵を最後に葬る役割を与えられています。まさに「わたしが主であることを知ろう」と実感しながら、彼らは自分たちの役割りに気が付くということでしょうか。

★★★★★

 神である主はこう仰せられる。人の子よ。あらゆる種類の鳥と、あらゆる野の獣に言え。集まって来い。わたしがおまえたちのために切り殺した者、イスラエルの山々の上にある多くの切り殺された者に、四方から集まって来い。おまえたちはその肉を食べ、その血を飲め。(17節)
 勇士たちの肉を食べ、国の君主たちの血を飲め。雄羊、子羊、雄やぎ、雄牛、すべてバシャンの肥えたものをそうせよ。(18節)
 わたしがお前たちのために切り殺したものの脂肪を飽きるほど食べ、その血を酔うほど飲むがよい。(19節)
 おまえたちはわたしの食卓で、馬や、騎手や、勇士や、すべての戦士に食べ飽きる。――神である主の御告げ――(20節)
 わたしが諸国の民の間にわたしの栄光を現わすとき、諸国の民はみな、わたしが行なうわたしのさばきと、わたしが彼らに置くわたしの手とを見る。(21節)
 その日の後、イスラエルの家は、わたしが彼らの神、主であることを知ろう。(22節)

 この39章のゴグとの戦いと勝利について、新聖書注解(いのちのことば社)は次のように解説しています。

 21−29節には、イスラエルの回復が記される。主がその終末論的な敵を最終的にさばかれることは、主の義を確立し、すべての民に対して主の栄光を現わすことである。
(中略)
 しかし、イスラエルは、主の契約の故に回復される。

 諸国の民は、イスラエルの家が、わたしに不信の罪を犯したために咎を得て捕え移されたこと、それから、わたしが彼らにわたしの顔を隠し、彼らを敵の手に渡したので、彼らがみな剣に倒れたことを知ろう。(23節)
 わたしは、彼らの汚れとそむきの罪に応じて彼らを罰し、わたしの顔を彼らに隠した。(24節)

 預言は、捕囚からの帰還と終末論的な主の招集が述べられて(同注解書)閉じられています。とても、さりげなく、とても重い預言です。






posted by さとうまさこ at 09:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

エゼキエル書139 主が私をそこに連れて行かれると、そこに、ひとりの人がいた(エゼキエル書40章1節~5節)



 エゼキエル書40章からは、エゼキエルに与えられた預言のクライマックスになります。
 それは、きたるべき時期に回復される神殿のまぼろしでした。

 私たちが捕囚となって二十五年目の年の初め、その月の十日、町が占領されてから十四年目のちょうどその日、主の御手が私の上にあり、私をそこへ連れて行った。(エゼキエル書40章1節)
 すなわち、神々しい幻のうちに、私はイスラエルの地へ連れて行かれ、非常に高い山の上に降ろされた。その南のほうに町が建てられているようであった。(2節)

 エゼキエルが捕囚となったのは、エホヤキン王の時で第二回捕囚と呼ばれています。BC598年・587年のことです。それから25年目ですから、BC573年です。BC586年には、ゼデキヤ王がバビロンに包囲されて、結局、エルサレムは崩壊して聖所も取り去られてしまったのです。しかし、主は、エゼキエル書37章から、主ご自身がイスラエルに敵対する勢力を取り除かれ、御霊の働きによって、主とその民との関係が永遠にゆるぎのないものとなることを示された(新実用聖書注解・いのちのことば社)のです。

★★★★★

 主が私をそこに連れて行かれると、そこに、ひとりの人がいた。その姿は青銅でできているようであり、その手に麻のひもと測りざおとを持って門のところに立っていた。(3節)

 主は、エゼキエルをエルサレムに連れて行かれるのです。そこには、ひとりの人がいたのですが、この人は御使いだと註解があります。麻の紐と測りざおはともに長さを計る道具で、当時のけんちくにつかわれたものです。
 この御使いは、エゼキエルに見せる物の正確なサイズを知らせようとしていることがわかります、

 その人は私に話しかけた。「人の子よ。あなたの目で見、耳で聞き、わたしがあなたに見せるすべての事を心に留めよ。わたしがあなたを連れて来たのは、あなたにこれを見せるためだ。あなたが見ることをみな、イスラエルの家に告げよ。」(4節)

 こうして、彼がエゼキエルに示したのは、神殿です。
 ここから、神殿についての几帳面な解説が示されますが、しかし、これは、イスラエルの霊的回復を預言しているその証しであって、実際にこの時、存在していたのではなさそうです。

 そこに、神殿の外側を巡って取り囲んでいる壁があった。その人は手に六キュビトの測りざおを持っていた。その一キュビトは、普通の一キュビトに一手幅を足した長さであった。彼がその外壁の厚さを測ると、一さおであり、その高さも一さおであった。(5節)








posted by さとうまさこ at 10:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

エゼキエル書140 御使いが示す神殿(エゼキエル書40章5節~19節)



 エゼキエルは、イスラエルに連れて来られ、非常に高い山の上に降ろされたのです。じっさいのエルサレムはそんなに高い山ではないそうですから、神の臨在されたエルサレムを象徴的にこのように語っていると考えられます。さらに、そこには、神殿があり、南の方に町が遠望できたのです。これは、ダビデ・ソロモン王の建てたエルサレムと同じです。神殿は、エルサレムの北に位置し、神殿の南側に王宮があり、その南側がダビデの町と呼ばれる居住区でした。

 そこに、神殿の外側を巡って取り囲んでいる壁があった。その人は手に六キュビトの測りざおを持っていた。その一キュビトは、普通の一キュビトに一手幅を足した長さであった。彼がその外壁の厚さを測ると、一さおであり、その高さも一さおであった。(5節)

 測りざおは、建築をするためのメジャーです。それは1キュビトに手幅を足した長さでした。1キュビトは、ふつう44、5センチ、それに手幅を足した長さは51,9センチです。(新実用聖書注解) 「その人」が持っていたのは、6キュビトですから、約3.11メートルとなります。とても長いさおです。しかし、これは、これから示される神殿のサイズの基礎単位となっています。

それから、彼が東向きの門に行き、その階段を上って、門の敷居を測ると、その幅は一さおで、もう一つの門の敷居も幅は一さおであった。(6節)
控え室は長さ一さお、幅一さおであり、控え室と控え室の間は五キュビトであった。門の内側の玄関の間に続く門の敷居は一さおであった。(7節)
彼が門の内側の玄関の間を測ると、一さお、(8節)

東の門とは、神殿の第一の位置口です。神殿は東から入り、西の奥に至聖所がありました。
神殿の間取り図については、聖書の付録や、バイルグワールドなどの地図帳にある程度明らかにされていますが、私たちにはわかりにくいものではないでしょうか。ただ、エゼキエルは、祭司でもありましたから、その配置や細部もよくわかっていたと思われます。

★★★★★

すなわち、門の玄関の間を測ると、八キュビト、その壁柱は二キュビトで、門の玄関の間は内側にあった。(9節)
東のほうに ある門の控え室は両側に三つずつあり、三つとも同じ寸法であった。壁柱も、両側とも、同じ寸法であった。(10節)
 彼が門の入口の幅を測ると、十キュビト、門の内のり幅の長さは十三キュビトであった。(11節)
控え室の前に出た仕切りは両側ともそれぞれ一キュビトであった。控え室は両側とも六キュビトであった。(12節)
 彼がその門を、片側の控え室の屋根の端から他の側の屋根の端まで測ると、一つの入口から他の入口までの幅は二十五キュビトであった。(13節)
 彼は壁柱を六十キュビトとした。門の周囲を巡る壁柱は庭に面していた。(14節)
 入口の門の前から内側の門の玄関の間の前までは五十キュビトであり、(15節)
 門の内側にある控え室と壁柱には格子窓が取りつけられ、玄関の間もそうであった。内側の回りには窓があり、壁柱には、なつめやしの木が彫刻してあった。(16節)
 それから、彼は私を外庭に連れて行った。そこには部屋があり、庭の回りには石だたみが敷かれていた。石だたみの上に、三十の部屋があった。(17節)
 石だたみは門のわきにあり、ちょうど門の長さと同じであった。これは下の石だたみである。(18節)
 彼が下の門の端から内庭の外の端までその幅を測ると、東も北も百キュビトであった。(19節)

 これほど、正確に具体的にその大きさが記されている意味はなんなのでしょう。これについては、もう一度推量したいと思います。







posted by さとうまさこ at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

エゼキエル書140 エゼキエルが見たまぼろし――未来の神殿(エゼキエル書40章1節~4節)



 エゼキエルがまぼろしの内に見る神殿は、「ソロモンの神殿」と言われる最初の神殿(第一神殿)とは違います。未来(終末期)に現出す神殿です。エルサレムが陥落したとき、ソロモンの神殿は破壊され焼かれてしまっていたのです。(U列王記25章8節~10節)

★★★★★

 神殿は、捕囚の民が遠く祖国を遠望しながら、一番切に思い描いていた場所だったかと思われます。彼らは、神の都エルサレム、とりわけその中心である神の神殿―神の臨在を、切実に願っていたのではないでしょうか。かつては、偶像礼拝をし、神から目をそむけて、人間的な保身にかまけて「選びの民」の責務を忘れていたかのような者たちは、イスラエルの山々――エルサレム――神殿に立ち返るまぼろしを、切実に思い描いていたかもしれません。イスラエルが回復するという預言の最後に、神がエゼキエルをイスラエルの高い山々に連れて行き、そこに新しい神殿を見させられたのは、当然のことだったと思われます。

 エゼキエルのまぼろしの神殿は、庭を取り囲むように塀があり、東と北と南に門がありました。東の門、聖所、至聖所と東西に並ぶ配置は、出エジプト記に記録がある幕屋以来変わらないものです。
 しかし、サイズは異なっています。

 彼は外庭にある北向きの門の長さと幅を測った。(エゼキエル書40章20節)
 それには両側に三つずつ控え室があり、壁柱も玄関の間も先の門と同じ寸法であった。その長さは五十キュビト、幅は二十五キュビトであった。(21節)
 その窓も玄関の間もなつめやしの木の彫刻も、東向きの門と同じ寸法であった。七段の階段を上って行くと、その先に玄関の間があった。(22節)
 東に面する門と同様に、北に面する門にも内庭の門が向かい合っており、彼が門から門まで測ると、百キュビトであった。(23節)
 次に、彼は私を南のほうへ連れて行った。すると、そこにも南向きの門があり、その壁柱と玄関の間を彼が測ると、それは、ほかの門と同じ寸法であった。(24節)

 神殿の具体的な模型図を紹介して下さるサイトがいくつかありますが、ここでは、空知太栄光キリスト教会の銘形牧師のHPを、紹介させていただきます。わかりやすい解説もついています。ぜひ、ご覧ください。

「牧師の書斎」(エゼキエル書40章1節~49節)
http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%A5%9E%E6%AE%BF%E3%80%80%281%29%20%E9%96%80%E3%81%A8%E5%A4%96%E5%BA%AD%E3%81%A8%E5%86%85%E5%BA%AD

 壁柱と玄関の間の周囲に窓があり、それはほかの窓と同じであった。門の長さは五十キュビト、幅は二十五キュビトであった。(25節)
 そこに上るのに七段の階段があり、その先に玄関の間があった。その両側の壁柱には、なつめやしの木が彫刻してあった。(26節)
 内庭には南向きの門があり、彼がこの門から南のほうに他の門まで測ると、百キュビトであった。(27節)
 彼が私を南の門から内庭に連れて行き、南の門を測ると、ほかの門と同じ寸法であった。(28節)

 門の様子を見た後、エゼキエルはいよいよ神殿の玄関に入って行きます。

 その控え室も壁柱も玄関の間もほかのと同じ寸法で、壁柱と玄関の間の周囲に窓があった。門の長さは五十キュビト、幅は二十五キュビトであった。(29節)
 玄関の間の周囲は長さ二十五キュビト、幅五キュビトであった。(30節)
 その玄関の間は外庭に面し、その壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。その階段は八段であった。(31節)





posted by さとうまさこ at 10:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

エゼキエル書141 未来の神殿の意味するもの(エゼキエル書40章32節~47節)



 次に、彼は私を内庭の東のほうに連れて行った。そこの門を測ると、ほかの門と同じ寸法であった。(エゼキエル書40章32節)
 その控え室も壁柱も玄関の間もほかのと同じ寸法で、壁柱と玄関の間の周囲に窓があった。門の長さは五十キュビト、幅は二十五キュビトであった。(33節)
 その玄関の間は外庭に面し、両側の壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。階段は八段であった。(34節)
 彼は私を北の門に連れて行った。それを測ると、ほかの門と同じ寸法であった。(35節)
 その控え室も壁柱も玄関の間もほかのと同じ寸法で、その周囲に窓があった。門の長さは五十キュビト、幅は二十五キュビトであった。(26節)
 その玄関の間は外庭に面し、両側の壁柱にはなつめやしの木が彫刻してあった。階段は八段であった。(37節)


 エゼキエルが見たまぼろしの神殿は、今日的な意味でのまぼろし(幻視)ではありません。霊的な目で見えたものをまぼろしというのは、聖書の世界――神の国の約束事だと言えるでしょう。

 しかし、神殿は幕屋としてスタートしたときから、各部分のサイズは厳密正確に提示されています。建築物ですからサイズが重要なことは事実ですが、大切なのは、これが人間の建築士(建築事務所)から出された物ではないということでしょう。これらは、すべて神がお決めになり、幕屋と第一神殿、第二神殿までは、それを人間が建設したのです。それらがすべて破壊された後に、神が幻の神殿をエゼキエルにお見せになったのは、それがイスラエルの核心であるためでしょう。
 エゼキエルにより、神殿が回復されたと知った捕囚の民は、物理的な捕囚からの帰還の約束の先に、ほんとうの救いを見ることができたはずです。ここは、帰還によってたんに国土や環境が回復されることに希望を抱く民への神の配慮があるのかもしれません。

★★★★★

 門の壁柱のそばに戸のある部屋があり、そこは全焼のいけにえをすすぎ清める所であった。(38節)
 門の玄関の間には、全焼のいけにえ、罪のためのいけにえ、罪過のためのいけにえをほふるために、両側にそれぞれ二つずつの台があった。(39節)
 北の門の入口へ上って行くと、外側に二つの台があり、門の玄関の間の他の側にも二つの台があった。(40節)
 すなわち、門の片側に四つの台があり、他の側に四つの台があり、この八つの台の上でいけにえをほふるのである。(41節)
 また、全焼のいけにえのための四つの切り石の台があり、その長さは一キュビト半、幅は一キュビト半、その高さは一キュビトであった。その上に全焼のいけにえや、ほかのいけにえをほふるための道具が置かれていた。(42節)
 内側には、周囲に一手幅の縁が取りつけてあり、ささげ物の肉は台の上に置かれるようになっていた。(43節)

 新約の民である私たちは、イエス様が犠牲の羊となってくださったので、もはや動物の犠牲を携えていく必要はなくなったと「知って」います。ですから、このような設備は、聖書を書かれた神様から叱られるかもしれませんが、私には、ちょっと「旧態依然」と見えます。つぎに出てくる、祭司(制度)、犠牲を焼く祭壇も廃止されたと考えたいのです。

 彼は私を内庭に連れて行った。内庭には二つの部屋があり、北の門のわきにある部屋は南を向き、南の門のわきのは北を向いていた。(44節)
 彼は私に言った。「この南向きの部屋は、宮の任務を果たす祭司たちのためであり、(45節)
 北向きの部屋は、祭壇の任務を果たす祭司たちのためである。彼らはツァドクの子孫であり、レビの子孫の中で主に近づいて仕える者たちである。」(46節)
 彼が庭を測ると、長さ百キュビト、幅百キュビトの正方形であった。神殿の前には祭壇があった。(47節)

 イエスがお出でになるまでは、神に近づくのは厳格な手続きと、選ばれた祭司を通してしか行えないことでした。
 ここで、神様は、このようなモーセの律法以来の手順に沿った礼拝が失われてたことを、捕囚になっているイスラエル民に知らせられているのかなと、思うのですが。

 神殿の見取り図については、昨日に引き続いて、以下のサイトを参考にしていただければ幸いです。

「牧師の書斎」(エゼキエル書40章1節~49節)
http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%A5%9E%E6%AE%BF%E3%80%80%281%29%20%E9%96%80%E3%81%A8%E5%A4%96%E5%BA%AD%E3%81%A8%E5%86%85%E5%BA%AD








posted by さとうまさこ at 11:10| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする