2017年05月01日

エゼキエル書144 ケルビムとやつめやしの彫刻(エゼキエル書41章15節〜26節)



 克明な神殿の描写が続きますが、これをエゼキエルは民に告げるように命じられているわけです。(エゼキエル書40章4節) その意味は、回復された(未来の)エルサレムで神殿が存在するまぼろしこそが、神の最終的、決定的な救いを意味しているからでしょう。この神殿は第四神殿と呼ばれています。
 この神殿の克明な説明のほとんどが、神殿の間取りと、各部分の寸法を語ることに費やされています。エゼキエルが、自分の民に具体的な大きさを告げることによって、それが単に空想的なものではなく、実在するものであると認識させるためかと思います。

 彼が神殿の裏にある聖域に面した建物の長さと、両側の回廊とを測ると、百キュビトであった。本堂の内側と、庭の玄関の間、(エゼキエル書41章15節)
 門口と格子窓と三段になった回廊とは、床から窓まで羽目板が張り巡らされていた。また、窓にはおおいがあった。(16節)
 入口の上部にも、神殿の内側にも外側にも、これを囲むすべての壁の内側にも外側にも彫刻がしてあり、(17節)

★★★★★

 ソロモンの神殿では、建築材料について多くを語っていますが、ここでは、壁も柱もその材料が書かれていません。ソロモンの神殿では、本堂の内側を金でおおい、床にも金をかぶせたことが記されています。(T列王記6章19節~30節) 神殿の材料は杉材で、土台は石材だったのですが、未来の神殿では材料はわかりません。

 代わりに以下のような描写があります。

 ケルビムと、なつめやしの木とが彫刻してあった。なつめやしの木はケルブとケルブとの間にあり、おのおのケルブには二つの顔があった。(18節)
 人間の顔は一方のなつめやしの木に向かい、若い獅子の顔は他方のなつめやしの木に向かい、このように、神殿全体の回りに彫刻してあった。(19節)
 床から入口の上まで、本堂の壁にケルビムとなつめやしの木が彫刻してあった。(20節)
 本堂の戸口の柱は四角で、至聖所の前には何かに似たものがあった。(21節)

 ケルビムとなつめやしの木の彫刻が意味するものを、新実用聖書注解はつぎのように解説しています。
 なつめやしはオアシスを連想させ、ケルビムは主の栄光の臨在を表示する。主の御前の祝福が示されつつ、その栄光の聖さが守られている。(同p1122)
 次に記されているのは、至聖所に置かれる机です。机は、出エジプト記であかしの箱の次に制作が命じられているものです。(出エジプト記25章23節)

 それは木の祭壇のようであり、高さは三キュビト、長さは二キュビトで、その四隅も台も側面も木でできていた。彼は私に、「これが主の前にある机だ。」と言った。(22節)
 また、本堂と至聖所にそれぞれ二つのとびらがあり、(23節)
 それらのとびらにはそれぞれ二つの戸が折りたたむようになっていた。すなわち、一つのとびらには二つの戸があり、ほかのとびらにも二つの戸があった。(24節)
 本堂のとびらには、壁に彫刻されていたのと同じようなケルビムとなつめやしの木が彫刻してあった。外側の玄関の間の前には木のひさしがあった。(25節)
 玄関の間の両わきの壁には格子窓となつめやしの木があり、神殿の階段式の脇間とひさしも同様であった。(26節)






posted by さとうまさこ at 10:51| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする