2017年08月01日

ホセア書6 姦淫を止める夫の愛・それゆえ、わたしは、いばらで彼女の道に垣を立て、(ホセア書2章6節7節)



 ホセアが姦淫の女ゴメルをめとるよう主から命じられるのは、主のしもべとして大変な挑戦を突き付けられたとも言えます。
 およそ、神の「召命」を受けることは、「楽なことではない」のは、聖書を通して語られています。モーセ、サムエル、エリヤ、イザヤ、エレミヤなど、その苦難が良く知られている預言者たちだけではありません。サウル、ダビデ、ヤロブアムのように、王に選ばれた者も、新約の時代のイエスの弟子たちも、パウロも、召されることで多くの苦難に遭うのです。ある者は「妻をめとるな」と命じられています。(エレミヤ書16章2節) 多くの妻を得たダビデも、女性問題はある意味「女難」を抱え込むことでした。
 しかし、結婚の最初から、「姦淫の女をめとれ」という命令は、神のしもべに少々「酷」ではないでしょうか。
 
★★★★★

 ホセアに与えられた預言は、「姦淫の女」を妻とした夫の苦しみの心情です。
 ホセア書の預言は、ホセア自身の体験から出た感情だとも言えます。
 けれども、事実は、これは「神の心情」に置き換わっています。
 
  それゆえ、わたしは、
  いばらで彼女の道に垣を立て、
  彼女が通い路を見いださないように、
  石垣を立てよう。(ホセア書2章6節)

 妻が愛人に会いに行くのを知っている夫は、きっとこのような思いになることでしょう。どうすれば、彼女が、男のもとへ行かないだろうかと苦悩し、その道を塞ぎたいと思うでしょう。まあ、今の時代なら、葛藤しているのはムダ、さっさと離婚して、別の相手とやり直せばよいと考えるかもしれません。
 しかし、いっさいの煩悶のない関係に、はたして「愛」があるのか、考えさせられるところです。割り切れないところに「愛」があるのではないでしょうか。あるいは、姦淫する女も、夫を嫌いだから他の男に走っているのではないかもしれません。何か、彼女自身にもわからない情動が、彼女を突き動かす・・・。

 ですから、少々の障がいがあっても、姦淫の女は、夫が立てた石垣を乗り越えて男を追います。
 
  彼女は恋人たちのあとを追って行こう。
  しかし、彼らに追いつくことはない。
  彼らを捜し求めよう。
  しかし、見つけ出すことはない。
  彼女は言う。
 
 夫が妻を止めるために労苦したことは意味があったのです。彼女を姦淫の相手から、一時的に引き離すことになったからです。
 相手と接することができない時、彼女は思うのです。

 『私は行って、はじめの夫に戻ろう。
  あの時は、今よりも私はしあわせだったから。』(7節)

 こんなプロセスで妻を取り戻す夫は、しかし、幸せでしょうか。偶像礼拝と言う姦淫を犯しているイスラエルの民のしていることに、主は同様な痛みを覚えておられるのです。それをホセアは、伝えています。






posted by さとうまさこ at 11:37| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする