2017年09月01日

ホセア書36 父祖ヤコブとエフライムのそむきとを較べる(ホセア書12章6節〜12節)



  あなたはあなたの神に立ち返り、
  正義と公儀とを守り、
  絶えずあなたの神を待ち望め。(ホセア書12章6節)

 主は、イスラエル民族の父祖ヤコブを思い出させて、エフライムを諭しておられます。悪いものであったヤコブは、主に立ち返ったのです。一度ならず、二度三度主が彼に働かれて、また、ご自分を顕されてヤコブをイスラエル民族の父とされたその歴史を思い出させておられるのです。

  商人は手に欺きのはかりを持ち、
  しいたげることを好む。(7節)

 私たちはしばしば、神様からの祝福さえ思い違いをしてしまいます。神様の基準を計るはかりを、いつの間にか、自分に都合のよい「欺きのはかり」にしてしまうのです。

  エフライムは言った。
  「しかし、私は富む者となった。
  私は自分のために財産を得た。
  私のすべての勤労の実は、
  罪となるような不義を私にもたらさない。」(8節)

 神様の祝福の中に、たしかに「富や財産」があります。勤労の実が努力に比例して報われるのも祝福です。しかし、富や財産を得ることがそのまま、神様の祝福とは限りません。悪魔は、何とイエス様を富で誘惑しています。

 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々と栄華を見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」(マタイの福音書4章8節9節)

 イエスさまには通用しなくても、私たち人間は、簡単に富と財産に、目がくらみます。

★★★★★

  しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、
  あなたの神、主である。
  わたしは例祭の日のように、
  ふたたびあなたを天幕に住ませよう。(9節)
  わたしは預言者たちに語り、
  多くの幻を示し、
  預言者たちによってたとえを示そう。(10節)

 神は、ご自分がイスラエルをエジプトから救い出されたことを、ふたたび思い出させています。エジプトを脱出してきた民は、文字通り着の身着のままでした。けれども、彼らは、自分たちの神の例祭を祝うことができるようになったのです。自分たちの天幕で住み、カナンへ入るまぼろしに喜び楽しんだはずでした。
 その彼らが、主にそむいたのです。

  まことに、ギルアデは不法そのもの、
  ただ、むなしいものに過ぎなかった。
  彼らはギルガルで牛にいけにえをささげた。
  彼らの祭壇も、
  畑のうねの石くれのようになる。(11節)

 神の目からご覧になって、不義を行なったヤコブも、それゆえ労苦をしなければなりませんでした。それは、20年間にも及びました。(創世記31章37節〜42節)
 次の箇所は、その時の、ヤコブの労苦を述べています。

  ヤコブはアラムの野に逃げて行き、
  イスラエルは妻をめとるために働いた。
  彼は妻をめとるために羊の番をした。(12節)







posted by さとうまさこ at 10:54| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

ホセア書37 預言者と神の御意志――出エジプトによせて(ホセア書12章13節〜14節)



  主はひとりの預言者によって、
  イスラエルをエジプトから連れ上り、
  ひとりの預言者によって、これを守られた。(ホセア書12章13節)

 神の国の歴史は、その大きな節目が順番に聖書に記されています。
 アブラハムが召されてヤコブがエジプトに入るまでは、「神の民イスラエル」が生まれる黎明期です。エジプトでのイスラエルの歴史は詳しくは書かれていませんが、430年をそこで過ごしたイスラエルは、民族と呼ばれるほどに数を増やしました。ヤコブが一族を連れてヨセフのいるエジプトに移り住んだとき、彼ら一族の群れは70人でした。(創世記46章27節) それが、出エジプトのときには、60万人になっているのです。(出エジプト記12章37節)

 この大きな集団が、エジプトを出てカナンに向かう日が来ることは、主のご計画にある通りだったでしょう。そのために、主はひとりの預言者――モーセを召されました。モーセは、謙遜に律儀に神の御心に聞きしたがう神のしもべでした。出エジプト記をありのまま読むだけで、そこには、預言者モーセの私心がほとんど書かれていないのに気が付きます。ホレブの山で神に召された時に、モーセはひどく恐れてしり込みしています。しかし、あくまで、「エジプトに行くよう」命じられると、その後の態度と行動は、決然としたものです。神に従うのですから、迷いの余地はないのです。

 この決然とした預言者の姿は、イスラエルの民を召された神のゆるぎない態度を反映しているだけだと言ったら、モーセに申し訳ないのです。が、預言者に召されるということは、それほど「私心」などとは無縁になると言う意味かなと思います。
 もちろん、ホセアもそうだったでしょう。だから、姦淫の女と呼ばれるゴメルをめとり、姦淫の子どもを引き取って養うのです。それは、あくまで、霊的姦淫を犯しているエフライムへのメッセージのためでしたが、ホセアは従容として、神の御命令に従うのです。
 
★★★★★

 それでも、エフライムは悔改めることはなかったのです。
 容赦のない主の裁断が、北王国の上に下されます。

  エフライムは主の激しい怒りを引き起こした。
  主は、その地の報いを彼に下し、
  彼のそしりに仕返しをする。(14節)








posted by さとうまさこ at 11:20| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ホセア書38 神の慟哭(ホセア書13章1節〜9節)



  エフライムが震えながら語ったとき、
  主はイスラエルの中であがめられた。
  しかし、エフライムは、
  バアルにより罪を犯して死んだ。(ホセア書13章1節)
  彼らは今も罪を重ね、銀で鋳物の像を造り
  自分の考えで偶像を造った。(2節)
  これはみな職人の造った物
  彼らはこれについて言う。
  「いけにえをささげる者は小牛に口づけせよ」と。(2節)
  それゆえ、彼らは朝もやのように、
  朝早く消え去る露のように、
  打ち場から吹き散らされるもみがらのように、
  また、窓から出て行く煙のようになる。(3節)

 エフライムは、イスラエルの神、彼らをエジプトの奴隷の家から救い出した方(出エジプト記20章2節)から、離れてしまっていました。それは、最初は、北王国を立てるように神から召命をいただいたヤロブアムの犯した罪でした。彼は、北王国の民がいけにえをささげるためエルサレム神殿に行くのを恐れ、ベテルとダンに金の小牛を設置し、神殿礼拝に代る物としたのです。それが、「いけにえをささげる者は小牛に口づけせよ」と意味です。
 これは、重大な神、主への背信でした。十戒(シナイ契約)では、20章2節に続いて次のように命じておられるのです。

 あなたは、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。(同3節)
 あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。(4節)

★★★★★

  しかし、私は、エジプトの国にいた時から
  あなたの神、主である。
  あなたはわたしのほかに神を知らない。
  わたしのほかに救う者はいない。(4節)

 ふたたび、愛に煩悶する父親として、神はエフライムに訴えておられます。自分以外の誰が、あなたを知っていて、あなたも結局父なる神以外を知らないのに、だれがあなたを救うのかと、仰せなのです。

  このわたしは荒野で、
  かわいた地で,あなたを知っていた。(5節)

 荒野で、手をかけて彼らを導いたことを思い出させておられます。それなのに、充分満腹し順調な生活を手に入れたとき、彼らは、それまで彼らを養って下さった方を忘れたのです。
 
  しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき、
  彼らの心は高ぶり、わたしを忘れた。(6節)

 以下のたとえは、神が怒りのあまり、エフライムを「食い尽くす」と言っているのではありませんね。子たる民に叛かれた神の、張り裂けるような心を、たとえているのです。
 神の「慟哭(どうこく――激しい叫びと嘆き)」が聞こえてくる箇所です。

  わたしは彼らには獅子のようになり、
  道ばたで待ち伏せするひょうのようになる。(7節)
  わたしは子を奪われた雌熊のようになり、
  彼らに出会い、
  その胸をかき裂き、
  その所で、雌獅子のようにこれを食い尽くす。
  野の獣は彼らを引き裂く。(8節)
  イスラエルよ。わたしがあなたを滅ぼしたら、
  だれがあなたを助けよう。(9節)









posted by さとうまさこ at 09:05| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ホセア書39 神の慟哭2(ホセア書13章10節〜14節)



  あなたを救うあなたの王は、
  すべての町々のうち、今どこにいるのか。
  あなたのさばきつかさたちは。
  あなたがかつて、
  「わたしに王と首長を与えよ」と言った者たちは、(ホセア書13章10節)
  わたしは怒ってあなたに王を与えたが、
  憤ってこれを奪い取る。
  エフライムの不義はしまい込まれ、
  その罪はたくわえられている。(12節)
  子を産む女のひどい痛みが彼を襲うが、
  彼は知恵のない子で、
  時が来ても、彼は母体から出てこない。(13節)

 神聖政治国家イスラエルの王制は、もともとは、民がサムエルに要求したものです。大預言者で、りっぱなさばきつかさだったサムエルは、民の要求を気に入りませんでした。神の国の内実が変質するのを懸念したのでしょう。しかし、彼の息子たちは不肖の子で、賄賂を取ってさばきを行ない、宮に仕える女たちと寝る始末で、祭司職の権威と信頼は失墜していたのです。サムエルもやむを得ず民の要求を神に取り次ぎました。
 すると、意外なことに、神様は「民の要求を聞き入れよ」と仰せになって、ベニヤミン族のサウルを選んでくださったのです。サウルは油注がれて、イスラエル王国初代の王になりました。

 しかし、人間を王に据えた王国が、うまく機能したのはソロモンまででした。神様はソロモンの子レハブアムに対抗する者としてエフライム人ヤロブアムを選んで、あえてイスラエルを分割させました。その結果は、人間の王の限界を、ますます証明する者でした。

 崩壊に向かうエフライムは、苦しんでいるだけで、子を産み落とすことはできない妊婦のようです。子とは、神の期待にお答えする信仰でしょう。けれども、もはや、北王国には、自力でイスラエルの神への信仰を産み落とすことはできないのです。

★★★★★

  わたしはよみの力から、彼らを解き放ち、
  彼らを死から贖おう。


 神は、ここでも、憤怒に震えながら、同時に「赦し」を約束されています。死ぬ運命であるエフライムを「贖おう」と宣言しているのです。これも、イエス様の救いが預言されている個所ではないでしょうか。

  死よ。おまえのとげはどこにあるのか。
  よみよ。おまえの針はどこにあるのか。
  あわれみは私の目から隠されている。(14節)

 この言葉は、パウロがTコリント15章55節で引用しています。
 聖書の神は、私たちを死から甦らせて下さる力をおもちです。その全能者に従おうとしないエフライムの人々に神は、語り掛けておられるのです。ここにも、神の「慟哭」が聞こえてこないでしょうか。








posted by さとうまさこ at 11:06| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ホセア書40 危機を目前にして(ホセア書13章15節〜16節)



  彼は兄弟たちの中で栄えよう。
  だが、東風が吹いて来、
  主の息が荒野から立ち上り(ホセア書13章15節a)、

 「彼」とは、エフライムのことです。「エフライム」には、もともと「多くの実を結ぶ」という意味があり、その名の通り、彼は兄弟たち(イスラエルの部族)のなかで多くの実を結んでいたのです。(新実用聖書注解・いのちのことば社)
 そのエフライムに東風、つまり東から来た襲撃者・アッシリヤが襲いかかるのです。
 「主の息が荒野から立ち上がり」について、新共同訳は、「主の風が荒野から吹きつける」と訳しています。つまり、アッシリヤの襲撃に対して、主はアッシリヤの追い風になっておられるのです。これが、主を裏切り続けたエフライムへの報いでした。主に見放されては、もはやエフライムに活路はありません。それが次の、言葉です。

  その水源はかれ、その泉は干上がる。
  それはすべての尊い器の宝物蔵を略奪する。(15節b)

★★★★★

  サマリヤは自分の神に逆らったので、
  刑罰を受ける。
  彼らは剣に倒れ、
  幼児たちは八つ裂きにされ、
  妊婦たちは切り裂かれる。(16節)

 「サマリヤ――」以下は、陥落の預言です。アッシリヤ軍は、残虐なことで知られていました。その容赦のない戦い方で、一度は広大な国土を獲得したのです。幼子を八つ裂きにし、妊婦の腹を裂くというのは、古来残虐行為の典型として使われています。
 もはや、戦力ではない者たちを殺すのは、人の暗い本能なのでしょうか。あるいは徹底した絶滅のために、未来の命を殺すと理由付けをしているのでしょうか。

★★★★★

 もっとも、私たちは古代の人だけを「残虐」だと非難できません。幼子や妊婦が残虐な方法で殺されるのは、現在でも、そのような条件が許されるときには行なわれていることです。
 もっと恐ろしいのは、「自分の手を下した」という自覚なしの大量残酷殺人です。
 第二次世界大戦では、無差別な市民への爆撃が行なわれて、多くの人が死んでいきました。その大部分は、むしろ、戦闘能力のない母親、妊婦、子ども、老人だったはずです。
 原爆は、それらの空爆の恐ろしい一つの成果でした。核戦争や、核装備をやめようと世界的な運動になったこともありましたが、今では、多くの国が核をもっています。
 ごく近くにある独裁国が、原爆ならぬ水爆を造るのに成功したというニュースも流れています。

 私たちは、今こそ、創造主で救い主なる神に立ち返らなければならないのでは、と思うのです。「北からの脅威に立ち向かって下さい」とお願いして祈らなければならない、と。








posted by さとうまさこ at 11:48| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする