2015年09月01日

Coffee Break詩編・143 彼らは年老いてもなお、実を実らせ、みずみずしく、おい茂っていましょう。(詩編92編10節〜15節)



 この詩のタイトルは、「安息日のための歌」です。安息日を定めて下さった神さまへの感謝の歌です。
 今では、私たちは365日休みなく働くことなど考えられません。また、そのように働き詰めであることを、「美徳」だとも思っていません。
 休みを取って、休まなければ能率が落ちるのは人間だけではありません。私は、農業についてはまるで素人ですが、畑や田んぼも時々休ませなければ収穫が落ちるそうです。イスラエルの律法では、6年収穫を続けると7年目は土地を休ませなければならないと定められています。(出エジプト記23章10節11節、レビ記25章1節〜7節)
 捕囚生活の時にも、イスラエル人たちは安息日を遵守し、このような賛美を歌ったのでしょう。

 しかし、あなたは私の角を
 野牛の角のように高く上げ、
 私に新しい油をそそがれました。(詩編92篇10節)
 私の目は私を待ち伏せている者どもを見下し、
 私の耳は
 私に立ち向かう悪人どもの悲鳴を聞きます。(11節)
 正しい者は、なつめやしの木のように栄え、
 レバノンの杉のように育ちます。(12節)

 こんにちのクリスチャンから見ると、詩編は、しばしば神に「敵への仕返し」を願っているような気がします。これは、イエス様から「敵のために祈りなさい」(マタイの福音書5章44節、ルカの福音書6章35節)と戒められている新約の民であるクリスチャンには、少し抵抗があるでしょうか。じつは、旧約聖書にあっても、復讐は神のものであると戒められている(申命記32章35節)のです。ですから、それゆえに、彼等は神に敵の滅びを祈るのでしょう。

★★★★★

 彼らは、主の家に植えられ、
 私たちの神の大庭で栄えます。(13節)

 「彼ら」とは、主に感謝をしている人たちです。朝に、あなたの恵みを、夜ごとにあなたの真実を言い表す(人たち)(詩編92編1節2節)です。

 彼らは年老いてもなお、実を実らせ、
 みずみずしく、おい茂っていましょう。(14節)
 こうして彼らは、主の正しいことを告げましょう。
 主は、わが岩。主には不正がありません。(15節)

 私(たち)も、もっともっと主を讃美し、祈る時間を持ちたいと思わせられるのです。








posted by さとうまさこ at 09:26| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。