2015年10月01日

Coffee Break詩編・171 この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、(詩編107篇1節〜32節)



 詩編107篇からは、詩編第5巻として括られています。詩編がこのように分類されていることについては、第4巻の最初の詩編90篇の時に、注解書から引用、解説しています。
http://joshuacanan.seesaa.net/article/424871645.html?1443658790

★★★★★
 
  詩編・第五巻 

「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
 その恵みはとこしえまで。」(詩編7篇1節)
 主に贖われた者はこのように言え。
 主は彼らを敵の手から贖い、(2節)
 彼らを国々から、
 東から、西から、北から、南から、集められた。(3節)

 主に感謝せよ。――のフレーズは、詩編の中で、基本と言っても良いほど繰り返されています。
 主に贖われた者・イスラエルの民としては当然の命令ですね。
 「主がいつくしみ深く、恵みに満ちておられる」のは、イスラエルの民が、ほとんど絶望的な捕囚の状態から贖われ、帰国を果たしたことになによりも現れています。イスラエルはもともと、神聖政治国家として成立したのです。エルサレムに戻ることができ、神殿の再建ができたことは、もう一度「神の国・イスラエル」が再建されたのと同じ意味です。
 
★★★★★

 この詩は読みやすく、心に入りやすいと思います。なぜなら、詩の構成が、4つの繰り返しになっていて、いずれも、同じ意味を歌っているのです。
 最初に苦しみが提示されます。

 彼らは荒野や荒れ地をさまよい、
 住むべき町へ行く道を見つけなかった。(4節)
 飢えと渇きに彼らのたましいは衰え果てた。(5節)

 苦しみに対して、主が彼らの叫びに答えて下さったことが述べられるのです。

 この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、
 主は彼らを苦悩から救い出された。(6節)
 また彼らをまっすぐな道に導き、
 住むべき町へ行かせられた。(7節)

 捕囚時代の詩人たちの苦しみに較べるべくもないかもしれませんが、私も、しばしば荒野で迷ってしまったと思うことがあります。十分食べて飲んでいるのに、飢えと渇きで衰え果てた気分だと感じる時があるのです。そんなときは、この詩編を思い起こし、「主に向かって叫ぶ」しかありません。声を上げ、こぶしを振り上げて、ときを忘れて「助けて下さい!!」と叫ぶのです。
 すると、低く垂れこめた雲が消えていき、たしかに地上に道が見える気がします。それが正しい道かどうか、それを判断することは自分ではできませんが、祈りのあとに見える道なら、しぜんに一歩を踏み出すことができるのも事実です。

★★★★★

 彼らは、主の恵みと、
 人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。(8節)
 まことに主は渇いたたましいを満ち足らせ、
 飢えたたましいを良いもので満たされた。(9節)

 次のフレーズは二度目の繰り返しです。これこそ、捕囚の民の象徴的な姿とそこからの開放でしょう。

 やみと死の陰に座す者、
 悩みと鉄のかせとに縛られている者、(10節)
 彼らは、神のことばに逆らい、
 いと高き方のさとしを侮ったのである。(11節)
 それゆえ主は苦役をもって彼らの心を低くされた。
 彼らはよろけたが、だれも助けなかった。(12節)
 この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、
 主は彼らを苦悩から救われた。(13節)
 主は彼らをやみと死の陰から連れ出し、
 彼らのかせを打ち砕かれた。(14節)
 彼らは、主の恵みと、
 人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。(15節)
 まことに主は青銅のとびらを打ち砕き、
 鉄のかんぬきを粉々に砕かれた。(16節)

 そして、三回目の繰り返しです。

 愚か者は、自分のそむきの道のため、
 また、その咎のために悩んだ。(17節)
 彼らのたましいは、あらゆる食物を忌みきらい、
 彼らは死の門にまで着いていた。(18節)
 この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、
 主は彼らを苦悩から救われた。(19節)
 主はみことばを送って彼らをいやし、
 その滅びの穴から彼らを助け出された。(20節)
 彼らは、主の恵みと、
 人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。(21節)
 彼らは、感謝のいけにえをささげ、
 喜び叫びながら主のみわざを語れ。(22節) 

★★★★★

 四回目の繰り返しは、自分の能力に頼って大きな事業に乗り出した者のつまづきです。

 船に乗って海に出る者、大海であきないする者、
 彼らは主のみわざを見、
 深い海でその奇しいわざを見た。(24節)
 主が命じてあらしを起こすと、
 風が波を高くした。(25節)
 彼らは天に上り、深みに下り、
 そのたましいはみじめにも、溶け去った(26節)。
 彼らは酔った人のようによろめき、
 ふらついて分別が乱れた。(27節) 

 事情が何であれ、主が救って下さることが力強く歌われています。
 つぎの繰り返しは、痛んだ私たちの心に快く響いてくるようです。

 この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、
 主は彼らを苦悩から連れ出された。(28節)
 主があらしを静めると、波はないだ。(29節)
 波がないだので彼らは喜んだ。
 そして主は、彼らをその望む港に導かれた。(30節)
 彼らは、主の恵みと、
 人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。(31節)
 また、主を民の集会であがめ、
 長老たちの座で、主を賛美せよ。(32節)









posted by さとうまさこ at 09:57| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。