2015年11月01日

Coffee Break詩篇・201 どうか、私の心が、あなたのおきてのうちに全きものとなりますように。(詩篇119篇73節〜80節)



 あなたの御手が私を造り、私を形造りました。
 どうか私に、悟りを与えてください。
 私があなたの仰せを学ぶようにしてください。(詩篇119篇73節)
 あなたを恐れる人々は、私を見て喜ぶでしょう。
 私が、あなたのことばを待ち望んでいるからです。(74節)

 キリスト者の神への信頼は、神が自分をお造りになったお方だからです。もちろん、自分だけでなくすべての人間、森羅万象のすべてをお造りになった方ゆえ、その方の仰せを聴くのです。人の手が形づくった鋳物や木材の造形に、無理に「神性」を見て拝む偶像礼拝とは根本的に違います。
 旧約聖書の「恐れる」は信じるの意味ですから、詩人はは同信の仲間に期待されている、同信の仲間――捕囚帰還後にもユダヤ教を拝んでいる人々が、自分を見て喜んでいるのを意識しています。
 神の選びの民・イスラエルは、実際、はじめから個人として選ばれたのではなく「人類の雛型」だったのです。私たちキリスト者が、一人でいる時も、一人でないのと同じです。私たちは、「神の国」の民なのです。

★★★★★

 主よ。私は、あなたのさばきの正しいことと、
 あなたが真実をもって私を悩まされたこととを知っています。(75節)
 どうか、あなたのしもべへのみことばのとおりに、
 あなたの恵みが私の慰めとなりますように。(76節)
 私にあなたのあわれみを臨ませ、
 私を生かしてください。
 あなたのみおしえが私の喜びだからです。(77節)

 天地をすべて形づくられ、人を形づくられた全能の創造者は、すべての権能を持っておられるのです。あふれるめぐみはもちろんのこと、主がむちを振るわれることもあるのです。
 主が下さる「悩み」は、人やサタンから来る悩みとはまるで異なるものです。主は、アダムとエバを楽園から追放する時でさえ、皮衣を着せて下さったのです。(創世記3章21節)また、将来、悪魔が滅ぼされることも予告なさいました。(同14節15節)

 たしかに、前途がことごとく打ち砕かれたように見えてさえ、私たちは、神の恵みと憐れみに包まれているのです。
 そうである限り、私は生かされ、生きているかぎり、主のみおしえを聞くことができます。

 どうか高ぶる者どもが、恥を見ますように。
 彼らは偽りごとをもって私を曲げたからです。
 しかし私は、あなたの戒めに思いを潜めます。(78節)
 あなたを恐れる人々と、
 あなたのさとしを知る者たちが、
 私のところに帰りますように。(79節)
 どうか、私の心が、あなたのおきてのうちに
 全きものとなりますように。
 それは、私が恥を見ることのないためです。(80節)

 高ぶる者どもは、神を信じない人たちです。ここでは、詩人たちに敵対して再建された神殿を壊そうと企んでいる敵のことでしょう。
 また、同じ信仰をもっているはずの人たち同士でも、「偽りごとをもって、相手を曲げるような」者が出て来ることもあるでしょう。

 それでも、創造者である神を知る者たちは恐れることがないと、作者は言います。
 信仰によって団結し、神のおきてのうちに歩んでいるかぎり、「恥を見ることはない」からです。








posted by さとうまさこ at 08:46| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。