2015年11月04日

Coffee Break詩篇・204 あなたの仰せは、私を私の敵よりも賢くします。(詩篇119篇96節〜100節)



 私は、すべての全きものにも、
 終わりのあることを見ました。
 しかし、あなたの仰せは、すばらしく広いのです。(詩篇119篇96節)

 宇宙にも終わりがあるそうです。考えようもないことですが、太陽にも、この地球も終わりの日が来るのでしょう。それは、大事件ではありますが、あまりに悠久の話で、現実感がありません。絶対に滅びそうもないものにも終わりがあったというのは、しかし、歴史的事実です。数多くの史跡や遺跡、文書に記された偉大な王の事績などを、私たちは知ることができます。それでも、それらを見る私たちに、差し迫った悲愴感はありません。
 ただ、悟ることはできます。終わりは、英雄でも独裁者でもない自分にも、いつか確実に訪れる。
 死は、サタンが人間をあやつる有力な力です。そもそも、神から人を引き放させたサタンの目的は、人間を死ぬものとすることだったのです。

 死をちらつかせるサタンに対抗できるのは、ただ、一つ、神様のことばだけだと、この詩人は、神を褒めたたえているのです。
 
 ★★★★★

 どんなにか私は、
 あなたのみおしえを愛していることでしょう。
 これが一日中、私の思いとなっています。(詩篇119篇97節)
 あなたの仰せは、私を私の敵よりも賢くします。
 それはとこしえに、私のものだからです。(98節)

 世を生きていると、あらゆる誘惑にさらされます。老いて色恋の誘惑がなくなったら、もっと大きな誘惑が待っています。「死」を避けようとする誘惑です。
 どうすれば若返り、どうすれば病気を避けることができ、どうすれば安泰な「余生」を楽しく送ることができるかといった「知恵の数々」を、毎日私たちは聞いています。

 私は私のすべての師よりも悟りがあります。
 それはあなたのさとしが私の思いだからです。(99節)

 もとより、世にある先人の知恵は、私の知識からは及びもつかない高等なものです。高い学歴や博士号をもった人たちが言うことだから、効力があるのだろうと説得されてしまいそうです。成長するためや、いつまでも若々しい老人でいるための知的なノウハウも世に溢れています。私など、愚かものの典型でしたから、そのようなハウツー本をどれだけ読んだかわかりません。卑近なおしゃれ術、会話術ほどのものから、多少哲学的な有名人の心理学や哲学書まで、浅い渉猟でしたがけっこう時間を費やした若い頃を思い出します。
 けれども、私は、知る必要があったのです。「聖書のみことばにまさるさとしはない。」と。

 私は老人よりもわきまえがあります。
 それは、私があなたの戒めを守っているからです。(100節)

 どんなに経験豊かな老人の知恵も、神の知恵には遠く及ばないでしょう。
 神の戒めを守る人が、老人よりわきまえがあるのは当然です。







posted by さとうまさこ at 10:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。