2015年12月01日

Coffee Break詩篇・230 ハレルや。イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。(詩篇135篇1節〜21節)



 ハレルヤ。主の御名をほめたたえよ。
 ほめたたえよ。主のしもべたち。(詩篇135篇1節)
 主の家で仕え、
 私たちの神の家の大庭で仕える者よ。(2節)
 ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。
 主の御名にほめ歌を歌え。
 その御名はいかにも麗しい。(3節)
 まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、
 イスラエルを選んで、ご自分の宝とされた(4節)。

 「ハレルヤ」は元来、「主を賛美せよ」との意味です(新聖書辞典)から、同じ言葉が重なっているとも言える箇所です。しかし、心からの賛美が湧きあがるとき、言葉が重なるのは当然かと思います。
 麗しく、いつくしみ深いが、ヤコブ(イスラエル)の民を選んでご自分の宝とされたというのです。このような事実に、イスラエルは感激、感謝して、褒めたたえないでいられないのです。

 まことに、私は知る。主は大いなる方、
 私たちの主はすべての神々にまさっておられる。(5節)
 主は望むところをことごとく行なわれる。
 天で、地で、海で、またすべての淵で。(6節)
 主は地の果てから、雲を上らせ、
 雨のためにいなずまを造り、
 その倉から風を出される。(7節)
 主はエジプトの初子を
 人から獣に至るまで打たれた。(8節)

 の「すごさ」は、いつくしみ深さだけではありません。は、なんといっても天地を支配される全知全能のお方です。この宇宙万物を創造された方ですから、気象を支配されるなど簡単なことです。雲や雨や稲妻や風は、すべて、が呼び起されるのです。また、生きとし生けるものの命も、が下さった物であり、が支配しておられます。
 そうでなければ、「初子を打つ」と宣言されて、エジプトのすべての家畜、獣、パロの初子から女奴隷の初子までを「打つ」ことができるでしょうか。

 エジプトよ。おまえのまっただ中に、
 主はしるしと奇蹟を送られた。
 パロとそのすべてのしもべらに。(9節)

 また、は、カナンを目指すイスラエルの民の、行く手を遮る多くの国々を打たれました。

 主は多くの国々を打ち、
 力ある王たちを殺された。(10節)
 エモリ人の王シホン、バシャンの王オグ、
 カナンのすべての王国を。(11節)
 主は彼らの地を、相続の地とし、
 御民イスラエルに相続の地として与えられた。(12節)

 が、罪に定めた民――異教徒たちを打たれてイスラエルのために道を開かれ、イスラエルをカナンに入れられるプロセスは、「聖書の神」を信じない人たちはしばしば非難されています。
 なぜ、神は、イスラエルだけを贔屓(ひいき)にするのかというわけです。

 主よ。あなたの御名はとこしえまで、
 主よ。あなたの呼び名は代々に及びます。(13節)
 まことに、主はご自分の民をさばき、
 そのしもべらをあわれまれます。(14節)

★★★★★

 たしかなことは、異邦の民は、神を知らなかったことです。確かに、当時はどのような民であっても、神(と思われるもの)を拝んではいました。今のような「合理主義」「無神論主義」はあり得なかったでしょう。けれども、ミディアンもモアブもアモンもエジプトもペリシテもアッシリアも、神でないものを神だと信じて祀り上げていただけなのです。
 それは、偶像と言われるものです。木や石や銀や金で彫ったり、鋳物として作り上げたものです。

 異邦の民の偶像は、銀や金で、
 人の手のわざです。(15節)
 口があっても語れず、
 目があっても見えません。(16節)
 耳があっても聞こえず、
 また、その口には息がありません。(17節)
 これを造る者も
 これに信頼する者もみな、これと同じです。(18節)

 これと同じことはイザヤ書にも書かれています。(イザヤ書44章9節〜17節)
 このようないわば、木偶(でく)を祀り上げることが、そもそも的外れであることに気が付きもしない人々なのです。

★★★★★ 

 イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。
 アロンの家よ。主をほめたたえよ。(19節)
 レビの家よ。主をほめたたえよ。
 主を恐れる者よ。主をほめたたえよ。(20節)
 ほむべきかな。主。シオンにて。
 エルサレムに住む方。
 ハレルヤ。(21節)

 さいわいにもイスラエルだけが、神の民として選べばれ、神の御用のために育成されていたのです。祭祀に関わるのはイスラエルの中でもレビ族、祭司になるのはアロンの家でした。選びの民の中の、さらに選ばれた者たちが、神殿礼拝をリードしているのです。 

 主を恐れ、褒めたたえ、あふれる賛美を繰り返し、繰り返すのは自然なことです。
 まことに、ハレルヤです。







posted by さとうまさこ at 10:43| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。