2016年02月01日

Coffee Break箴言・40 真実な証人はまやかしを言わない。偽りの証人はまやかしを吹聴する。(箴言14章5節〜9節)



 真実な証人はまやかしを言わない。
 偽りの証人はまやかしを吹聴する。(5節)

 聖書を綿密に読んでみると、聖書は、硬軟広く存在する「嘘」をすべて戒めているのではないと思います。
 たとえば、アブラハム(アブラム)が妻のサラ(サライ)を妹だと偽ったために、サラがあやうくエジプトの王の寝室に召されそうになるという話があります。(創世記12章14節〜20節)同じ趣向の話はイサクの物語にも出てきます。(創世記26章6節〜12節) もし嘘が戒められているなら、この結果としてアブラハムは、取り返しのつかない人生の失敗を招くはずです。けれども、じつは罰せられたのは、エジプト王の方でした。アブラハムは、真相を知ったエジプト王から咎められましたが、追放を決めた王から多大の手土産をもらってエジプトを去ったのです。その結果、彼は格段に裕福になったのです。

 聖書が、はっきりと嘘を戒めている個所は、十戒の9番目の戒め「あなたの隣人に対し、偽りの証言をしてはならない。(出エジプト記20章16節)」です。
 つまり、人を陥れる嘘は戒められているのです。今のように、防犯カメラも録音装置も科学捜査もない時代、 この時代は、判決の決め手は「証言」でした。有罪は「二人または三人の証言」が必要でした。裏を返せば、三人が偽りの証言をしたら「死刑になる」可能性もあったのです。それがどれほど深刻かは、今の常識で考えてもわかるでしょう。
 ひと一人を葬り去りかねない「嘘の証言」は、繰り返し禁じられているのです。

 嘘をつくと、人は嘘を確かなものにするために、嘘の上塗りをするようになるでしょう。たんに「盗む現場を見た」と言う証言から、「日頃から盗み癖があった」「お金に困っていた」なんて尾ひれを付けてまやかしを言い始めるのです。


★★★★★

 あざける者は知恵を捜しても得られない。
 しかし悟りのある者はたやすく知識を得る。(6節)

 13章1節bの「あざける者は叱責を聞かない」と同じ趣旨でしょう。主をあざける者への警告です。

 愚かな者の前を離れ去れ。
 知識のことばはそこにはない。(7節)

 愚かな者=あざける者=知恵のない者、です。そのような人との交わりを敬遠しなさいと戒めています。
 たしかに、最初は人のうわべをみるわけです。神ならぬ身としては、人の心はなかなかわかりません。知恵や知識がありそうな人だと思って付き合っていて、がっかりさせられる経験は、誰でもあると思います。
 
 利口な者は自分の知恵で自分の道をわきまえ、
 愚かな者は自分の愚かさで自分を欺く。(8節)

 これも「自分の道をわきまえることは、知恵のある事であり、利口な者となり得る」と言いかえられるでしょう。「愚かさとは、自分の愚かな判断で、自分を欺く」こととも言えます。

 神を恐れ、神の基準という地図と、自分の立っている場所をいつも照らし合わせていると自分を弁えることができるでしょう。けれども、最初から神をあざけって、自家製の地図を頼りに旅を始めた者は、迷ってもまた自家製の地図を見るのですから、正しい位置に戻ることができません。

★★★★★

 罪過のためのいけにえは愚か者をあざけり、
 正しい者の間には恩恵がある。(9節)

 聖書の神は、ご利益信仰の神ではありません。ですから、いけにえは、手早く結果を求めるための「わいろ」ではありません。自分の罪に対する不完全な支払いです――完全に支払って私たちの罪を帳消しにして下さるために、イエス・キリストが十字架にかかられたのです。

 主を恐れない者にとっては、罪のためのささげ物などは、バカらしい支出だったかもしれません。それに対して、正しい者は、その意味を知っているので、ささげ物をすることだけでも、喜びがあります。そして、じっさいにも、お恵みがあり、祝福があるのです。






posted by さとうまさこ at 09:50| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。