2016年05月02日

伝道者の書13、私は日の下で、もう一つの悪があるのを見た。(伝道者の書6章7節〜12節)

 

 人の労苦はみな、自分の口のためである。しかし、その食欲は決して満たされない。(伝道者の書6章7節)

 たしかに人は「食うために労苦する」のです。これは創世記に、アダムが罪を犯して楽園を追放されるとき神が、「あなたは顔に汗を流して食を得なければならない」と宣告されたことが、実現しているのです。罪の結果です。それにしても、「その食欲は決して満たされない」とは、厳しい。確かに、どんなにお腹いっぱい食べても、それで終わりはない。何時間か経てばまた食べなければならないのですから、生きているかぎり、食欲は満たされることはないとも言えます。

 知恵ある者は、愚かな者より何がまさっていよう。人々の前での生き方を知っている貧しい人も、何がまさっていよう。(8節) 

 伝道者の書の前の箴言では、「知恵は人間が求めるべき物」との視点で語られています。ところが、その知恵を得ても、愚か者より何がまさっていようと言うのです。このような結論になってしまうのは、伝道者が「死」を見つめているからでしょうか。

 目が見るところは、心があこがれることにまさる。これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。(9節)

 ふつうは「現実に見えるもの」は、空想よりは確かだとされます。手の中の一羽は、空を飛ぶ二羽に勝るのです。でも、このような現実主義もまたむなしいと言うのです。

 とはいえ、やっぱり「現実の重み」はバカにできません。力関係は、実際の実力で決まり、力のない人間は自分より強いものと争うことはできないと断言します。

 今あるものは、何であるか、すでにその名がつけられ、また彼がどんな人であるかも知られている。彼は彼よりも力のある者と争うことはできない。(10節)

★★★★★

 多く語れば、それだけむなしさを増す。それは、人にとって何の益になるだろう。(11節)

 伝道者は、一つの考えを表から、裏から吟味します。現実的な力があっても空しいと思い、同時に、それでもやっぱり、力の強い者は弱い者に「勝つ」と認めるのです。あれこれ考えていると、結局、何が正しいのかわからなくなることは、よくあります。

 だれが知ろうか。影のように過ごすむなしいつかのまの人生で、何が人のために善であるかを。だれが人に告げることができようか。彼の後に、日の下で何が起こるかを。(12節)

 それでも、伝道者は無意味な言葉の堂々巡りをして時間を空費しているのではなさそうです。「何が人のために善であるかを、人に告げることはできない」という考えは、知恵の中でも深い知恵ではないでしょうか。
つまずきや不幸な出来事で倒れた人に、「無傷の成功だけが善」だという考え方は救いにはなりません。
 どのような人生も同じようにむなしいのだといった達観した姿勢が、むしろ、人を慰めるのときもあるのですから。 







posted by さとうまさこ at 08:10| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。