2016年09月01日

エレミヤ書81 この憤りのぶどう酒の杯をわたしの手から取り、わたしがあなたを遣わすすべての国々に、これを飲ませよ――神の怒り、{エレミヤ書25章13節〜18節)



 エレミヤ書25章で、預言をしているエレミヤは、もう神に召されたばかりの若者ではありません。二十三年間も主のことばを伝え続けてきたのです。ヨシヤ王の治世は、宗教改革が行なわれたときでしたから、あまり神の怒りを招くような問題はなかったはず、と思いたいのです。けれども、ヒゼキヤの時代に北イスラエルが滅亡して、危機はユダ王国を直撃するようになっていました。
 ヒゼキヤの子マナセ自身がイスラエルの神、主を裏切り、バアル信仰をもちこみました。しかも、彼の治世は五十五年も続いたのです。(U列王記21章1節11節)
 ヨシヤが即位したとき、神殿(主の宮)は荒れ果てていて大規模な修復工事が必要でした。しかし、この工事中に「律法の書」が発見されたのです。ヨシヤは偶像の置き場所になっていた神殿から、バアルやアシェラ、それらの祭祀用具をことごとく運び出させ、ギデロンの野で、それを焼き、その灰をベテルに持って行ったのです。(同4節5節)

 U列王記23章20節までに書かれているとおり、ヨシヤの宗教改革は徹底したものでした。
 彼はユダの王たちのどの時代にも行なわれなかった「過ぎ越しのいけにえ」をささげました。聖書は「ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起らなかった。」(25節)と記録しています。
 「それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行いのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとはされなかった」(26節)のです。

 国際情勢はどんどん緊迫して来て、人々が神に聞くより、情勢を日和見する度合いはひどくなり、ヨシヤもエジプトとの戦いに出て行って戦死してしまいます。若いエレミヤは、これらの歳月も主のことばを取り次いでおり、聞く者がいないので、涙の日々を送るのです。

★★★★★

 わたしは、この国について語ったすべてのことば、すなわち、エレミヤが万国について預言し、この書にしるされている事をみな、この地にもたらす。(エレミヤ書25章13節)
 多くの国々と大王たちが彼らを奴隷に使い、わたしも彼らに、そのしわざに応じ、その手のわざに応じて報いよう。」(14節)
 まことにイスラエルの神、主は、私にこう仰せられた。「この憤りのぶどう酒の杯をわたしの手から取り、わたしがあなたを遣わすすべての国々に、これを飲ませよ。(15節)
 彼らは飲んで、ふらつき、狂ったようになる。わたしが彼らの間に送る剣のためである。」(16節)

 マナセの罪のためにユダにもたらされる報いは悲惨なものでした。バビロンとバビロンに同盟する国に、ユダは滅亡させられるのです。捕囚と言うかつて経験したことのない民族崩壊が訪れます。

 つまり、神は異教徒(外国)を使って、ご自分の民ユダを罰しておられるのです。
 こんなことは、神=氏神、信者にご利益をもたらしてくれる神と思っている日本人には、とうてい納得することはできません。
 しかし、悪を懲らしめるときは徹底的に厳しい処置を取られるのも、創造主ヤハウエです。また、ユダを罰するために、一時的に用いられた異教徒も、じつは創造主のご支配の下にあるのです。これが、聖書の神と偶像の神の、格の違いです。

★★★★★

 日本には、0.4パーセントしかキリスト者がいないと言われます。たとえそれが事実だったとしても、それは、人間の側から見る数字です。万物も人も,創造主によって造られたことには変わりがなく、創造主の作品であり、愛の対象であることには変わりがありません。でなければ、どうして、「神は良い人にも悪い人にも、雨を降らせ、良い人にも悪い人にも日を照らす」[マタイの福音書5章46節]などといえるでしょう。
 イエス様は、「全世界に出て行って、福音を宣べ伝えなさい」と言われました。(マルコの福音書16章15節)これは、全世界の人が、救いの対象だということでしょう。たとえ、今偶像を拝んでいても、神など信じていないと豪語する人であっても、救いの対象なのです。
 もちろん、言葉で拒否することはできます。しかし拒否して逃げ回ることは、ただ、「死」を意味しているだけです。

 神は、そのようなことを望んでおられないのでしょう。ですから、次のように全世界を罰することで、その主権と全能性を示しておられるのだと思います。


 そこで、私は主の御手からその杯を取り、主が私を遣わされたすべての国々に飲ませた。(17節)
 エルサレムとユダの町々とその王たち、つかさたちに。――彼らを今日のように廃墟とし、恐怖とし、あざけりとし、のろいとするためであった――(18節)





posted by さとうまさこ at 10:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。