2016年10月01日

エレミヤ書110 ゆれ動くゼデキヤ(エレミヤ書37章1節〜10節)



 ヨシヤの子ゼデキヤは、エホヤキムの子エコヌヤに代わって王となった。バビロンの王ネブカデレザルが彼をユダの国の王にしたのである。(エレミヤ書37章1節)
 彼も、その家来たちも、一般の民衆も、預言者エレミヤによって語られた主のことばに聞き従わなかった。(2節)

 ユダ王国がいよいよ崩壊します。ヨシヤの死後王は四代替りました。
 ヨシヤの子エホアハズ、エホヤキム、エホヤキムの子エホヤキン、そのあと、バビロン王がヨシヤの子ゼデキヤをユダの王に立てました。
 ユダ王国最後の王ゼデキヤの時代は、当然、ユダ王国の断末魔です。
 
 ★★★★★
 
 ゼデキヤ王は、シェレムヤの子エフカルと、マアセヤの子、祭司ゼパニヤを預言者エレミヤのもとに遣わして言った。「どうか、私たちのために、私たちの神、主に、祈ってください。」(3節)
 ――そのとき、エレミヤは民のうちに出入りしていて、まだ獄屋に入れられていなかった。(4節)
 パロの軍勢がエジプトから出て来たので、エルサレムを包囲中のカルデヤ人は、そのうわさを聞いて、エルサレムから退却したときであった。――(5節)

 ゼデキヤは、バビロンによって立てられた王でした。バビロンの傀儡だったので、ある意味で彼の立場は決まっていたのに、エジプトの軍勢が攻め上って来たときに、バビロンが退却して行くと、たちまち気持ちが揺れるのです。
 バビロンにしたら、一時的に撤退しても、留守をするエルサレムのゼデキヤは自分達の味方だと思っていたはずです。
 しかし、国内には親エジプト勢力が残っており、新興国のバビロンを警戒する者たちは、エジプトを頼ろうとしていました。ゼデキヤは、それらの「世論」に揺れるのです。
 エジプトが攻め上って来るとバビロンが撤退して行ったのですから、ゼデキヤはなお、心が揺れたのです。それで、エレミヤに、主のことばを求めたのです。

 そのとき、預言者エレミヤに次のような主のことばがあった。(6節)
 「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。『わたしに尋ねるために、あなたがたをわたしのもとに遣わしたユダの王にこう言え。見よ。あなたがたを助けに出て来たパロの軍勢は、自分たちの国エジプトへ帰り、(7節)
 カルデヤ人が引き返して来て、この町を攻め取り、これを火で焼く。』(8節)
 主はこう仰せられる。『あなたがたは、カルデヤ人は必ず私たちから去る、と言って、みずから欺くな。彼らは去ることはないからだ。(9節)

 神の預言は、容赦のないものでした。一度は撤退して行ったように見えるバビロンが、かならず戻って来て、「エルサレムを攻め取り、火で焼く」というのです。

 たとい、あなたがたが、あなたがたを攻めるカルデヤの全軍勢を打ち、その中に重傷を負った兵士たちだけが残ったとしても、彼らがそれぞれ、その天幕で立ち上がり、この町を火で焼くようになる。』」(10節)

 エルサレムが崩壊するのは、どのようにも動かしがたいという預言です。
 これほどのことばを聞いても、ゼデキヤはゆれ動きつづける王でした。







posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。