2016年11月01日

エレミヤ書141 ダマスコへの審判(エレミヤ49章12節〜22節)



  ダマスコについて。
  「ハマテとアルパデは恥を見た。
  悪い知らせを聞いたからだ。
  彼らは海のように震えおののいて恐れ、
  静まることもできない。(エレミヤ書49章23節)
  ダマスコは弱り、恐怖に捕われ、
  身を巡らして逃げた。
  産婦のような苦しみと苦痛に捕えられて。(24節)

 ダマスコは、どことなく郷愁を誘う地名です。聖書の文書を感傷的に読むべきではないかもしれなせん。けれども、ダマスコは、今回神から罰せられている国々の中で、もっともドラマチックな場面で、聖書に名前が出てきます。

 創世記には、アブラハム(アブラム)の勇猛な話が出ています。ロトを含めた親類の者がダマスコから来た盗賊にとりこになったと聞いて、一族のしもべたちと追跡し、ダマスコの北まで追って打ち破ったことが記されています。(創世記14章12節〜16節) 穏やかな遊牧民としてのアブラハムのイメージを、一新させられる事件です。
 アブラハムは、子のない自分に子どもを与えると仰せになった神に、「神、主よ。私に何をお与えになるのですか。私には子がありません。私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか」と申し上げています。」

 のちにイスラエル12部族がカナンに入った時、ダマスコはマナセの相続地の外側ににありました。国境に近いせいか、紛争地であり、ダビデの時には、守備隊を駐屯させていたとあります。(Uサムエル記8章5節6節)
 エリシャの時代には、アラム王が何度もサマリヤを攻め、エリシャがその作戦を読み取るので、ベン・ハダデは、イスラエルを攻めきることができなかったと記されています。(U列王記6章)

 聖書読者には、何といっても、パウロの回心の話しに出てくるダマスコが印象的でしょう。まだサウロといわれていたパウロは、キリスト者を弾圧するためダマスコに向かっていました。ところがダマスコに近づいたとき、突然激しい光に打たれて視力を失い、同時にキリストの声を聞いて回心するのです。(使徒の働き22章6節〜8節)
 
★★★★★

 地理的にはダマスコはシリヤに属し、アラム人が住んでいました。ハマテはダマスコの190キロほど北にある都市でした。ダマスコが国々の紛争の渦中にあったのは、小アジアと南を結ぶ通商路にあったことも大きかったようです。(新聖書辞典)

 ダマスコの破壊は、イザヤ書にも預言されています。(イザヤ書17章3節)

  いったい、どうして、
  栄誉の町、わたしの喜びの都は捨てられたのか。(25節)
  それゆえ、その日、
  その若い男たちは町の広場に倒れ、
  その戦士たちもみな、断ち滅ぼされる。
  ――万軍の主の御告げ――(26節)
  わたしは、ダマスコの城壁に火をつける。
  その火はベン・ハダデの宮殿をなめ尽くす。」(27節)








posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。