2017年02月01日

エゼキエル書61 苦難の理由を主にお伺いする(エゼキエル書20章1節〜7節)



 第七年の第五の月の十日に、イスラエルの長老たちの幾人かが、主に尋ねるために来て、私の前にすわった。(エゼキエル書20章1節)
 そのとき、私に次のような主のことばがあった。(2節)
 人の子よ。イスラエルの長老たちに語って言え。神である主はこう仰せられる。あなたがたが来たのは、わたしに願いを聞いてもらうためなのか。わたしは生きている、わたしは決してあなたがたの願いを聞き入れない。――神である主の御告げ――(3節)


 エゼキエルのところへ、預言を求めるイスラエルの長老たちがやってきます。彼らはエゼキエルと同じ捕囚としてケバル川のほとりテル・アビブに住んでいた人たちです。第7年はBC591年、エルサレムが包囲される二年半前です。(新実用聖書注解・いのちのことば社)
 彼らは二回目の捕囚の民であったのですが、本国ユダとエルサレムはまだ存在していて、それだけに多くの煩悶を抱えていたのでしょう。

 あなたは彼らをさばこうとするのか。人の子よ。あなたはさばこうとするのか。彼らの先祖たちの、忌みきらうべきわざを彼らに知らせよ。(4節)

 ここでの「あなた」「人の子」は、エゼキエルを指しています。この問いかけは、厳しい預言を伝えなければならないエゼキエルの責任と覚悟を確かめています。
 なぜなら、イスラエルの民が捕囚になっているのは、彼らの過ちが招いているのであって苦難は当然だからです。神は、ご自身がどれほど、イスラエルの民を慈しんで大切にしてこられたか、それに対して、イスラエルは神の御心を踏みにじり続けたかを、じっくり語ろうとされているのです。

 彼らに言え。神である主はこう仰せられる。わたしがイスラエルを選んだとき、ヤコブの家の子孫に誓い、エジプトの地で彼らにわたしを知らせ、わたしがあなたがたの神、主であると言って彼らに誓った。(5節)

★★★★★

 イスラエル民族の始まりはアブラハムですが、ヤコブに後の神の国の原型となる名前(イスラエル)と12部族の始まりとなる12人の達をお与えになって、いったん彼らをエジプトに導かれたのは、神・主でした。
イスラエルは、自分たちの主・神を「アブラハムの神 イサクの神 ヤコブの神」と呼んで、彼らがエジプトで苦難に直面したとき、神に叫んだのです。
 彼らの叫びにお答えになって、神は、イスラエルをエジプト後から連れ出されたことは、出エジプト記の最初に記されているとおりです。

 その日、彼らをエジプトの地から連れ出し、わたしが彼らのために探り出した乳と蜜の流れる地、どの地よりも麗しい地に入れることを、彼らに誓った。(6節)

 この時、主は彼らを苦難の地から緊急避難させて下さっただけではないのです。行き先――彼らが入ることになる乳と蜜が流れる地というすばらしい国を約束して下さったのです。
 もちろん、それには厳しい条件もありました。

 わたしは彼らに言った。『おのおのその目の慕う忌まわしいものを投げ捨てよ。エジプトの偶像で身を汚すな。わたしがあなたがたの神、主である。』と(7節)






posted by さとうまさこ at 10:06| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。