2017年04月01日

エゼキエル書118 陥落後のエルサレムの悲惨(エゼキエル書33章21~33節)



 私たちが捕囚となって十二年目の第十の月の五日、エルサレムからのがれた者が、私のもとに来て、「町は占領された。」と言った。(エゼキエル書33章21節)
 そののがれた者が来る前の夕方、主の御手が私の上にあり、朝になって彼が私のもとに来る前に、私の口は開かれた。こうして、私の口は開かれ、もう私は黙っていなかった。(22節)

 エゼキエルのところに、エルサレムの陥落を告げる者がやってきます。この12年目第十の月の五日は、論議がある日付で、(新実用聖書注解・いのちのことば社)1の月が正しいのではないかとのことです。その場合でも、エルサレムが陥落した第五の月の七日から、半年も経っていることになります。
 主は、エゼキエルにエルサレムの状況を伝えて言われます。

 次のような主のことばが私にあった。(23節)
 「人の子よ。イスラエルの地のこの廃墟に住む者たちは、『アブラハムはひとりでこの地を所有していた。私たちは多いのに、この地を所有するように与えられている。』と言っている。(24節)

 多くの、しかも、有力者が捕囚に連れ去られたのでエルサレムには所有者のいない土地がたくさん残されました。このような状況の中で、驚くべきことに、エルサレムに残されたユダの人たちは、エルサレムの陥落を悲しむより、空き地になった土地の所有権に心が奪われているのです。

 第二次大戦後の日本でも、焼け跡になった多くの土地を、目ざとく買い集めた人たちがいました。人間の物欲はどの時代でも変わらないようですが、火事場泥棒のようなことをすることが、神の前に正しいことであるはずがありません。
 もちろん、主は、そのような強欲を咎めておられます。その理由は、彼らがどろぼうに成り下がり、すでに争いを始めていたからです。

 それゆえ、彼らに言え。神である主はこう仰せられる。あなたがたは血がついたままで食べ、自分たちの偶像を仰ぎ見、血を流しているのに、この地を所有しようとするのか。(27節)
 あなたがたは自分の剣に拠り頼み、忌みきらうべきことをし、おのおの隣人の妻を汚していながら、この地を所有しようとするのか。(26節)

★★★★★

 空地の所有権を争って、すでに剣の戦いが繰り広げられていたのでしょう。神殿も王もいないところで、彼らは神も王も忘れ、隣人の妻を奪うことさえ公然と行なわれていたのです。そのような、神の戒めに反している者たちを、主は見逃されるはずがありません。

 あなたは彼らにこう言え。神である主はこう仰せられる。わたしは誓って言うが、あの廃墟にいる者は必ず剣に倒れる。野にいる者も、わたしは獣に与えてそのえじきとする。要害とほら穴にいる者は疫病で死ぬ。(27節)
 わたしはその地を荒れ果てさせ、荒廃した地とする。その力強い誇りは消えうせ、イスラエルの山々は荒れ果て、だれもそこを通らなくなる。(28節)
 このとき、わたしが、彼らの行なったすべての忌みきらうべきわざのためにその国を荒れ果てさせ、荒廃した地とすると、彼らは、わたしが主であることを知ろう。(29節)

 陥落後のエルサレムは荒廃の地となるという預言です。エルサレムの回復は、残された者たちによって行われるのではないと言われるのです。
 もちろん、神がそのような預言をエゼキエルの口に授けられ、エゼキエルがそれを民に語ったとしても、その深刻さは、すぐには伝わらなかったようです。

 人の子よ。あなたの民の者たちは城壁のそばや、家々の入口で、あなたについて互いに語り合ってこう言っている。『さあ、どんなことばが主から出るか聞きに行こう。』(30節)
 彼らは群れをなしてあなたのもとに来、わたしの民はあなたの前にすわり、あなたのことばを聞く。しかし、それを実行しようとはしない。彼らは、口では恋をする者であるが、彼らの心は利得を追っている。(31節)
 あなたは彼らにとっては、音楽に合わせて美しく歌われる恋の歌のようだ。彼らはあなたのことばを聞くが、それを実行しようとはしない。(32節)
 しかし、あのことは起こり、もう来ている。彼らは、自分たちの間にひとりの預言者がいたことを知ろう。」(33節)









posted by さとうまさこ at 09:36| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。