2017年04月06日

エゼキエル書123 それゆえ (エゼキエル書35章1節~12節)



 人の子よ。イスラエルの山々に預言して言え。イスラエルの山々よ。主のことばを聞け。(エゼキエル書36章1節)
 神である主はこう仰せられる。敵がおまえたちに向かって、『あはは、昔からの高き所がわれわれの所有となった。』と言っている。(2節)
 それゆえ、預言して言え。神である主はこう仰せられる。実にそのために、おまえたちは、回りの民に荒らされ、踏みつけられ、ほかの国々の所有にされたので、おまえたちは、民の語りぐさとなり、そしりとなった。(3節)

 エドムを永久に葬るとの預言のあとです。今度は、イスラエルの山々への預言です。山々は象徴的に使われているのであって、本来その住民であるイスラエル人への預言と解釈できます。

 それゆえ、イスラエルの山々よ、神である主のことばを聞け。神である主は、山や丘、谷川や谷、荒れ果てた廃墟、また、回りのほかの国々にかすめ奪われ、あざけられて見捨てられた町々に、こう仰せられる。(4節)

 山々だけでなく、丘、谷川、谷、廃墟となった町、町々にも当てはめられています。そこに住んでいたイスラエル人への回復の預言です。
 これらの場所を攻撃し占有していたのは、エドム人なのでしょうか。

 それゆえ、神である主はこう仰せられる。わたしは燃えるねたみをもって、ほかの国々、エドム全土に告げる。彼らは心の底から喜び、思い切りあざけって、わたしの国を自分たちの所有とし、牧場をかすめ奪ったのだ。(5節)
 それゆえ、イスラエルの地について預言し、山や丘、谷川や谷に向かって言え。神である主はこう仰せられる。見よ。おまえたちが諸国の民の侮辱を受けているので、わたしはねたみと憤りとをもって告げる。(6節)

 ねたみは、聖書では怒りの中でももっとも強い感情です。怒りの中でも強いのは、愛する者を奪われたり傷つけられることでしょう。かつて、神ご自身が十戒の始めに、「わたしはねたむ神」と仰せになったように、(妻のように)愛するイスラエルの裏切りと同様、妻のように愛するイスラエルが奪われ傷つけられるとき、「ねたみをもって怒られる」のではないでしょうか。

★★★★★

 それゆえ、神である主はこう仰せられる。わたしは誓う。おまえたちを取り囲む諸国の民は、必ず自分たちの恥を負わなければならない。(7節)

 人間の夫は、どれほど妻を愛していても彼女を守る力には限界があります。アブラハムでさえ、妻サラがエジプト人の目に止まったら、自分は殺されるかもしれないと思い、妻を「妹だと」偽ったのです。実際、サラを守って下さったのは、アブラハムではなく、神でした。ねたむほど私たちを愛して下さる神を夫とするのは、その意味で究極の「保護者」を得ることだと思います。

 だが、おまえたち、イスラエルの山々よ。おまえたちは枝を出し、わたしの民イスラエルのために実を結ぶ。彼らが帰って来るのが近いからだ。(8節)
わたしはおまえたちのところに行き、おまえたちのところに向かう。おまえたちは耕され、種が蒔かれる。(9節)

 今度は文字通り、イスラエルの山々――その領土に対して語っておられます。
 イスラエルの回復が明言されています。

 わたしは、おまえたちの上に人をふやし、イスラエルの全家に人をふやす。町々には人が住みつき、廃墟は建て直される。(10節)
 わたしは、おまえたちの上に人と獣をふやす。彼らはふえ、多くの子を生む。わたしはおまえたちのところに、昔のように人を住まわせる。いや、以前よりも栄えさせる。このとき、おまえたちは、わたしが主であることを知ろう (11節)
 わたしは、わたしの民イスラエル人に、おまえたちの上を歩かせる。彼らはおまえを所有し、おまえは彼らの相続地となる。おまえはもう二度と彼らに子を失わせてはならない。(12節)









posted by さとうまさこ at 09:32| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。