2017年04月11日

エゼキエル書128 干からびた骨に命を与えられる神(エゼキエル書37章1節~10節)



 エゼキエル書37章は、とても大切なメッセージが含まれている、と多くの聖書解説文が語っています。エゼキエルは、神から捕囚の民に預言する預言者として、召されています。彼自身、祭司だったのですが、捕囚の民だったのです。ユーフラテス川の支流のケバル川のほとりのユダヤ人居住区にいたのです。
 エゼキエルは、エホヤキン王がバビロンのネブカデレザルに降伏して第二次捕囚となった時に、いっしょに従ったのでした(BC597年)。その時、まだ、エルサレムは陥落していなかったので、この時に捕囚の民は、絶望と希望とがないまぜになった葛藤の中にいたと思われます。彼らは、いつか自分たちが国に帰ることを望んで、エルサレムの様子や自分たちの未来について、預言を求めていたのも事実でしょう。

 今のように一瞬にして、地球の裏側の情報が届くわけでもありません。エゼキエルが神の召しを受けたのは、捕囚になって五年目ですから、BC592年です。その時、エルサレムはネブカデレザルが選んだゼデキヤが王となっていました。傀儡の王とは言え、まだユダヤ人の王が君臨しているのですから、捕囚の民にはいくらかの希望が残されていたはずです。けれども、ゼデキヤは、密かに自主独立路線を模索し、エジプトとの関係回復を試み、残された国力さえ使い果たしていくのです。
 エゼキエルの預言は、国に残った王や民に希望を託す捕囚の人たちに、容赦のないものでした。ユダはさばかれるのです(エゼキエル書34章)。同時に、ユダを攻めた国々もさばかれるのです。(同25章~32章)

★★★★★

 これまでの峻厳さと同じはげしさで主は、エゼキエルにイスラエルの山々への預言を命じられます。それから、一挙に、イスラエルの回復が語られます。

 とても、劇的で絵画的なイメージの預言は、エゼキエル書の山場です。
死んだ人たち、すでに朽ち果てて白骨化した人間が、甦ってくる描写です。余計な説明なしで、胸に迫ってくるものがあるのではないでしょうか。

 主の御手が私の上にあり、主の霊によって、私は連れ出され、谷間の真中に置かれた。そこには骨が満ちていた。(エゼキエル書37章1節)
 主は私にその上をあちらこちらと行き巡らせた。なんと、その谷間には非常に多くの骨があり、ひどく干からびていた。(2節)
 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨は生き返ることができようか。」私は答えた。「神、主よ。あなたがご存じです。」(3節)
 主は私に仰せられた。「これらの骨に預言して言え。干からびた骨よ。主のことばを聞け。(4節)
神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。(5節)

 死んだ者の甦り――再生を神が預言されるとき、なんと骨は互いに集まり、肉や皮膚が生じ、その朽ち果てたとちょうど逆の姿で、人間の姿になるのです。
 形があって生きる者となるために必要なものは、神の息だけです。ちょうど最初の人間アダムを土の塊から人の形にし、そこへ「いのちの息」を吹き込まれたら、「生きた者となった」ように、事実、エゼキエルの目の前で多くの人が生き返り立ち上がります。

 わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが主であることを知ろう。」(6節)
 私は、命じられたように預言した。私が預言していると、音がした。なんと、大きなとどろき。すると、骨と骨とが互いにつながった。(7節)
 私が見ていると、なんと、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおった。しかし、その中に息はなかった。(8節)
 そのとき、主は仰せられた。「息に預言せよ。人の子よ。預言してその息に言え。神である主はこう仰せられる。息よ。四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」(9節)
 私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中にはいった。そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。非常に多くの集団であった。(10節)






posted by さとうまさこ at 10:27| Comment(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。